結婚披露宴招待客のきめ方

 結婚披露宴というのは、新郎新婦が結婚したことや親しい人やお世話になっている人たちに報告するために、一堂にお集まりいただいて開く宴会です。それは、ふたりが親の家を離れ、新しい家庭を設けるにあたって、広く社会に発表する一手段であり、結婚の社会的手続きともいえます。
 ですから、披露宴にはなるべく多くの知人、友人に列席してもらうほうがより価値があるともいえますが、一方、招かれた側にとっては、他人のプライベートな問題に、わざわざ出向くのはありがた迷惑という気持ちだってあるはずです。そこで、どの程度までの知人を招くか、という点は非常にむずかしい問題といえるのです。

スポンサーリンク

 原則的にいえば、自分たちのために、喜んで指定の場所に出向いてお祝いしてくれるような間柄の人ということになります。具体的には、親族をはじめ、親しい先輩、友人、それに上司や恩師などという範囲でしょう。ただ心得ておきたいのは、本来ならこちらから先方の家へ出向いて、結婚したことを報告し、あいさつするものであり、一ヵ所に集まってもらう披露宴は、便宜的に考えられた方法だということです。したがって、自分たちの立場からほど遠い上役とか先生に対しては、招待するほうがいいか、あいさつに伺うほうがよりていねいかをよく考えることです。
 もう一つのチェックポイントは予算です。招待するにはお金がかかります。自分たちの結婚費用の予算との兼ね合いで、どれくらいの人数を招くことができるか、それにはどの範囲の人々にするか、という点を考えます。さらに、自分たちの方針が問題です。豪華に、はでにと考えるならおおぜいの招待客の前で報告するのもいいでしょう。実質的にという方針なら、ごく親しい身の回りの人たちにだけ集まってもらうようにします。
 以上の点を考えたうえで、どの範囲の人まで招くかをふたりで打ち合わせします。一方が親族しか招かないのに、一方では友人、知人をたくさんよんでいた、というのではつりあいません。人数で何人ずつときめる必要はありませんから、どういう関係までをよぶか、その点を双方で同じにします。
 そのほうが、新郎新婦共催の披露宴にふさわしく、もし、予算や場所の都合で人数を押えたければ、それぞれの関係者の中から代表だけに出てもらうようにすれば、来賓は少なくても、「ああいう人も来ている」ということで座が盛り上がるでしょう。
 期日、場所、招待客がきまったら、招待状を作り、発送します。
 招待状を作るとき、まずきめておくことは、招持主がだれであるか、という点です。親の名で招待するのか、自分たちふたりが招待主になるかによって、文案が違ってきます。かつては、披露宴も家の行事として行なわれましたので、たいていは父親の名で招待状も出しました。しかし、現在のように、「わたしたちは結婚しました」ということを報告する披露宴と考えるなら、本人ふたりが主催するのが妥当でしょう。
 次は、オーソドックスな形式の招待状にするかです。もっとも、形は常識的な格調のあるものにして、文面で自分たちらしく若さを出すという方法もあります。これは、招待客の顔ぶれと、どんな披露宴をしたいかによって適した形、内容にすればいいでしょう。
 内容は、目的、だれとだれの結婚披露宴か、招待の内容、食事を出すのか、茶菓の接待かなど、日時、場所、略図を入れる、を明記し、出席をお願いします。なお、日本の習慣に従い、媒酌人の姓名も入れるのが普通です。そのほか、平服の宴ならば「かってながら平服でお越しくださるようお願いいたします」などと記し、挙式にも参列してもらうかたへは、挙式の時間、場所を記し、その旨依頼し、返信が必要ならハガキを入れてあわせてお願いします。
 招待状を印刷するなら、印刷屋さんや式場にもサンプルがありますから、それらも参考にして、自分たちにふさわしい文面を作ります。近ごろは、活字を使わず、自筆で書いたものをそのまま印刷することもできますので、イラスト入りとか、サインはそれぞれ自筆でするなど、こったものもできるでしょう。印刷は発送前二週間くらいの余裕を見て頼みます。
 あて名はフルネームを筆で書くのが本来です。ご夫妻でご出席いただく場合は「○○様」の隣へ「御令室様」などと書きます。遠方のかたへは郵送しますが、毎日顔を合わせる同僚などへは手渡ししてかまいません。仲人さんへは、招待状ができたらすぐに、このように印刷しましたのでよろしく、とあいさつして手渡し、承諾を得なければいけません。

冠婚葬祭
慶事の祝い方/ パーティーに招かれたら/ パーティーでは/ 訪問のマナー/ 訪問での戸口から退出まで/ 一間でお客を迎えるとき/ 敬語のマナー/ 電話のマナー/ お見舞いのマナー/ お金のマナー/ 贈り物の贈り方、受け方、お返し/ 贈り物の包み方/ 相手に合わせて贈り物を贈る/ 花の贈り物/ 恋愛から婚約まで/ 見合いから婚約まで/ 見合い当日の心得/ いろいろな婚約の仕方/ 結納をかわすなら/ 結婚生活への心身の準備/ 結婚式と披露宴のきめ方/ 結婚披露宴招待客のきめ方/ 式服とハネムーンウェア/ 引き出物とみやげ物/ 新婚生活の準備/ 新生活での家具/ 新生活のワードローブ/ 結婚祝いの受け方/ いろいろな結婚式の仕方/ いろいろな披露宴/ 会員制祝賀パーティー/ 新婚旅行から新生活/ 新婚旅行から帰ったら/ 結婚後の新生活の人間関係/ 結婚祝いの贈り方/ 披露宴に招かれたら/ テーブルスピーチ/ 不幸を知って弔問するとき/ お通夜では/ 告別式に参列するとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク