結納をかわすなら

 結納と一口にいっても、その形式や内容は地方により、またその家の習慣、考え方によりかなり違っています。関東地方で比較的多く行なわれている方法は、はじめに男性から「帯料」として結納金を金包みに入れ、祝儀品とともに白木台にのせて女性に贈ります。それに対して女性からは「袴料」として借料の半額くらいの結納金を同じように金包みに入れ、祝儀品とともに白木台にのせて贈ります。もっとも最近では、女性からの贈り物を省略する形が多くなり、その場合は、男性は前もってお返し分を引いた金額を贈る形をとり、女性は受けたというしるしに受け書を出します。
 この交換を、かつては男女双方に使者が立って、互いに相手方に届ける方法がとられましたが、現在では男性が女性に贈ったあとすぐに、その場で女性からの贈り物もしくは受け書を出すのが一般的となっています。
 関西では、女性からの結納をしない形が普通で、女性は受け書とともに贈られた金額の一割を金包みに入れて返し、それが仲人への謝礼になります。ただし、関西の中でも所によって、後日袴料を男性に贈るとか、式当日または荷物送りのときに帯料の一割から三割くらいを袴料として持参する例もあります。
 このほか、現金でなく着物や帯を贈るとか、帯料のほかに化粧料、はき物料などをつけるなど、結納にはいろいろな風習がありますから、結納を交換することにかためたら、どんな形と内容でするか、互いに意見や希望を出し合ってとりきめておくことです。

スポンサーリンク

 結納金の額は一般に男性の月収の二倍かせ三倍といわれていますが、これは、結婚しようという男性が婚約の贈り物をするなら、それくらいの額の物が常識だということです。そこには結納金がしたく金だという考えはありません。したがって、結納金に婚約指輪を添えるのであれば、当然結納金プラス指輪の代金が月収の二から三倍であるのが妥当であり、それが男性の経済力に見合った贈り物ということになります。ですから、結納を受けた女性としては、相手の経済力をそこから押しはかって、新生活の生活設計の目安にすることができます。
 女性からお返しをするなら、どれくらいのお返しをするか、やはり自分と相手の経済力、自分たちの生活規模などを考慮したうえできめますが、相手と相談してきめてかまいません。
 祝儀品や酒肴などを白木台にのせたものが結納品ですが、これも地方によってかなり形式が異なります。
 関東地方で用いられるのは、長のし、目録、金包、かつお節、するめ、こんぶ、ともしらが、末広、柳樽料の九つが白木台にのったものを正式としています。この略式として、品数が少ない七品目、五品目といった結納品もあり、交換するなら男女は同じ品目数の結納品をそろえるか、女性が一段下のものを贈るようにします。
 関西地方では、結納金の金包のほか、樽料、松魚料として金包が添えられ、末広、長のし、目録などが別々の白木盆に飾られた形が多く使われます。結納金の一割くらいの金額の飾り台を使うというのも関西地方の習慣です。
 受け書は、目録の内容と同じ品名と数が記入されており、これを片木盆にのせて出すようになっています。
 このほか、必要なら、家族、親族などの名前を記入する親族書をそろえます。
 どの程度の結納品にするかは、その家、地方によって異なりますから、これらについても双方で打ち合わせます。結納の形式にも、自分たちの考え方、個性をあらわすのが理想ですが、同時に、挙式まで飾っておく女性欄の環境を考慮するのが思いやりというものです。
 仲人が使者となって、男女双方の家を往復して結納をとりかわす形式です。まず仲人は男性の家へ出向き、男性からの結納品を預かり、女性の家へ行きます。
 女性の家では、仲人が見えたらさっそく座敷へ通し、仲人が結納品を飾り終えたころを見はからって、本人と両親が座敷にはいり、仲人に相対してすわります。仲人が婚約成立に対する祝いと、結納を持参した旨の口上を述べ、結納品をさし出したら、女性は結納品を受けとり、目録を拝見し、両親に見せたのちもとの位置におさめ、「幾久しくお受けします」とあいさつし、用意の結納品一もしくは受け書を出して、男性側に届けるよう依頼します。仲人がそのことを承知したのち、両親とともに酒肴などを出してもてなしをします。受けた結納品は床の間など一段高い位置に飾っておきます。
 仲人はもてなしを受けたら、預かった結納品もしくは受け書を持って男性側に行き、おさめてもらいます。
 最近は、使者だけが往復して結納を交換する例は少なくなり、本人に両親が付き添って相手の家に行くか、あるいは一ヵ所に双方から本人と両親が集まって交換するケースがふえています。そこに仲人など第三者が立ち会う場合や、両親の代理で仲人が付き添うケースも見られます。また、地方によっては、本人と両親、仲人などがそろって女性方へ出向き、女性欄の親族との顔合わせも兼ねた祝宴に臨むというしきたりもあります。
 こうなりますと、使者だけが往復するのが正式であり、本人が結納を持参するのは略式だなどとはいえず、その場、そのふたりに合った形がすべて正式と考えていいでしょう。
 さて、当人ふたりが立ち会って結納をかわす場合は、会場で結納品を並べ、一同着席したところで、本人ふたりが自分の手で持参の結納品を相手に渡してもいいですし、仲人に仲立ちをしてもらうなら、ふたりから仲人に「結納交換の儀、よろしくお願いいたします」などと依頼のあいさつをします。
 それを受けて、仲人が「心得ました」とあいさつののち、それぞれの結納品を相手の前に置きかえ、「○○さまからの結納でございます。幾久しくおおさめください」と口上を述べます。受けるときは前項と同様に、まず女性から目録を拝見し、両親にも見せ、受ける旨のあいさつをします。
 互いに相手からの贈り物を受けたのち、いったん床の間などに飾り、仲人に「おかげさまで私どもの婚約がととのいました。ありがとうございました」などの礼を述べ、婚約を祝して会食などにはいります。もちろん、両親たちも互いにあいさつ、お礼のことばをかかし、仲人にも労をねぎらい、お礼のことばを述べます。
 自宅なら客間など、客をもてなすのにふさわしい部屋を使います。日本間でも洋間でもかまいません。日本間なら、テーブルは片づけ、床の間におめでたい絵や書の掛け軸をかけ、花をいけます。座ぶとんを人数分用意しておきます。洋間の場合は、上座にあたる位置に台をしつらえ、結納品を飾る場所をこしらえます。額や花を飾るのは同様です。中央に大きめのテーブルを用意し、そのテーブル上で結納を交換するようにします。したがって、いすはテーブルの左右に人数分並べます。テーブルクロースは白もしくは格調高い織りのものを使います。
 日本間の場合は、口上を述べたり、あいさつするときは座ぶとんからおりてしますが、洋間のときは、いすから立ち上がって行ないます。
 自宅以外の場所を使うときは、ホテルとか結婚式場などの小部屋を借りるか、料理屋、レストランなどで、間仕切りのある所がいいでしょう。仲人さんの家は、仲人さんのほうから申し出がない限り、当人たちのばうからお願いするのは遠慮したいものです。どこを使うかは、予算や会食のしかたなどと関係しますので、双方で検討してきめること。経費をかけずにしたければ、公民館のような所でも小部屋を貸してくれます。
 服装は場所や時間にもよりますが、普通は準礼装か略礼装程度にします。つまり、男性は黒や紺のブラックスーツかダークスーツ。和服なら紋つきの羽織にはかまです。女性は昼間ならアフタヌーンドレス、ジョーゼットとかレースのようにドレッシーな材質のドレス。夜は少しはでな感じでカクテルドレス調にします。和服なら訪問着かつけさげ程度です。
 ただし、礼装など堅苦しいのはいやだとか、一方が旅先のときなどは、双方ともに平服でもかまいません。通勤に着るような背広とスーツ、アンサンブルなどです。和服なら小紋でしょう。喜びの日にふさわしく、コサージなどで少しはなやかさを出すのがコツです。
 いずれにしても、立ち会ってもらう仲人や親族の都合も聞いて全員が同じ格式にそろうよう前もって打ち合わせておきましょう。
 仲人だけが往復する場合、あるいは両親や本人も同道する場合、いずれにしても、自分のことのためにご足労をかけるわけですから、客を迎えた側は感謝の意をあらわしてもてなしをします。かつては尾頭つきのたいにお赤飯というのが常識でしたが、あまり形式にこだわることはありません。わが家なりの最高のもてなし方を考えましょう。若い仲人さんとか、本人と両親だけが見えた場合は、和洋折衷の料理でもいいでしょうし、日ごろの腕をふるって自慢料理を作るのもいいでしょう。
 時間にもよりますが、食事に重点をおくのがいいか、酒肴がいいかなどももてなしのコツです。要は相手に喜んでもらう内容を考えることですから、忙しい仲人さんなら、簡単に茶菓でもてなし、酒肴は持ち帰っていただくようにするとか、「酒肴料」として現金を包むのも気がきいています。
 関西のように、一割の金包みを出す場合は別として、一般には「お車代」として、その日の交通費、日当くらいのものを包んで出します。菓子折かかつお節、酒などのみやげの上にのせてお帰りがけに渡します。これは男女双方で出すものですから、あらかじめ金額など打ち合わせておきましょう。
 ホテルなどで会食をしたときは、それぞれ自分の側の費用は自分持ちですが、仲人さんなど第三者に立ち合ってもらったときの費用は男女で折半します。

冠婚葬祭
慶事の祝い方/ パーティーに招かれたら/ パーティーでは/ 訪問のマナー/ 訪問での戸口から退出まで/ 一間でお客を迎えるとき/ 敬語のマナー/ 電話のマナー/ お見舞いのマナー/ お金のマナー/ 贈り物の贈り方、受け方、お返し/ 贈り物の包み方/ 相手に合わせて贈り物を贈る/ 花の贈り物/ 恋愛から婚約まで/ 見合いから婚約まで/ 見合い当日の心得/ いろいろな婚約の仕方/ 結納をかわすなら/ 結婚生活への心身の準備/ 結婚式と披露宴のきめ方/ 結婚披露宴招待客のきめ方/ 式服とハネムーンウェア/ 引き出物とみやげ物/ 新婚生活の準備/ 新生活での家具/ 新生活のワードローブ/ 結婚祝いの受け方/ いろいろな結婚式の仕方/ いろいろな披露宴/ 会員制祝賀パーティー/ 新婚旅行から新生活/ 新婚旅行から帰ったら/ 結婚後の新生活の人間関係/ 結婚祝いの贈り方/ 披露宴に招かれたら/ テーブルスピーチ/ 不幸を知って弔問するとき/ お通夜では/ 告別式に参列するとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク