贈り物の包み方

 品物を贈るときには、その品がよごれたり痛んだりしないように、しっかりと包んで贈るのがエチケットですが、さらに日本の習慣では、贈る目的や内容によってその包み方の体裁がきまっています。それは慶弔の違いだけでなく、どの程度の格式を持っているかとか、お祝いなのか、お札なのか、お見舞いかが一目でわかるところが特徴です。ちょうど人をたずねるときに訪問着を着るか、外出着程度か、ふだん着でよいのかというように衣服を着分けるのと同じことといえます。

スポンサーリンク

 現在では、のし紙といわれる水引きを印刷した紙をかけるのが一般的になっていますが、これは略式。本来は、奉書紙などで品物を包み、水引きで結びます。ですから、のし紙というのは、包装の体裁が形式化したものといっていいでしょう。
 どういうときに奉書紙で包んだらよいかといいますと、結婚祝いとか賀寿、受賞、銀、金婚式というように、大きな祝い事とか格式のある内容のとき、またていねいにしたい贈り物や品物が高価なときなどです。一般的な贈り物、たとえば、中元、歳暮、ちょっとした祝い事の贈り物などはのし紙を使ってかまいませんし、さらに略してもよければ、短冊のように細い紙に表書きだけ書いて品物の右肩にはります。
 奉書紙で包むには、普通は一枚ですが、結婚祝いには二枚を外表に合わせて重ねます。まず、包む品のたけに合わせて奉書の一方を折りますが、慶事や一般の贈り物なら下側を裏に折り、弔事のときは上を折ります。その紙で品物をくるむように包むのですが、そのとき、紙の右端が品物の表面の左脇にくるように包みます。つまり紙の重なりが右前になるのです。かつては弔事には左前といわれたこともありますが、現在ではすべて右前です。
 品物を包んだら次は水引きをかけます。これは包装がとけないように結ぶひもですから、品物が大きければ太めのもの、小さければ細いものを選びます。これも、贈る目的によって色と結び方が異なります。祝い事には紅白か金銀、弔事には黒白か白一色(神式の場合)、銀一色で、金銀や銀は高価な品を贈るときや格式のある場合に使います。なお、弔事でも法事などのおりには黄白とか青白を使うこともあります。
 結び方は、二度あっては困る事柄、たとえば結婚とか災害、弔事関係の贈答品は結びきり、つまり本結びにします。出産とか受賞、結婚記念、新築など、何度あってもいい祝い事には蝶結び、そのほか一般の贈り物も蝶結びです。いずれも濃い色を右にします。
 水引きは普通は五本ですが、結婚祝いに関してはこれをあわせて十本で結びます。
 のしというのは、贈り物には必ず肴を添えるという日本の習慣によるもので、あわび貝をのして作ったこののしを右肩につけることにより、生の肴を添えたという意味になります。したがって、鮮魚などを贈るときにはのしはつけませんし、弔事にも使いません。
 のし紙の用い方も同じです。
 包みができたら、その上に表書きをします。これは、かつて贈り物につけた目録を略したもので、贈る品の品名と個数、そして贈り主名を明らかにするものです。たとえば「お召し物」とか「お手ふき」などと書いたり、その総称として「粗品」と書いたりたりします。
 しかし、最近では、品名より贈る意味を書くのが一般的になり、「御祝」「御礼」「寸志」などと書き、相手になんのためにもらうのか伝える役目をします。特に現金などを贈るときは意味や目的を書きます。
 下に書く名前は姓名を書くのが正式で、略してもいいような簡単な贈り物とか目下の人に贈るときには姓だけでもかまいません。
 クリスマスやバースデープレゼントをはじめ、父の日、母の日、あるいは幼い子どもへの贈り物、友人、恋人間のプレゼントのように、個人間の贈り物には、形式ばった包装より、好みの色紙、リボンを使ってモダンな包装をするほうが似合います。これも装い方のTPOと同じで、贈る目的、相手によって、どちらがよりいっそう自分の気持ちを伝えやすいかを考えればいいでしょう。
 紙で包むときには日本の習慣のようにこまかいきまりはありませんが、左前にならないように、また体裁よく包みましょう。リボンの色は贈る目的や相手の好みに合わせることですが、お見舞いにはソフトな色を、お悔やみには白と黄、白とブルーなどを使います。
 直接渡せないとき、おおぜいからのプレゼントが集まるようなときには、カードを添えてあいさつと名前を記します。

冠婚葬祭
慶事の祝い方/ パーティーに招かれたら/ パーティーでは/ 訪問のマナー/ 訪問での戸口から退出まで/ 一間でお客を迎えるとき/ 敬語のマナー/ 電話のマナー/ お見舞いのマナー/ お金のマナー/ 贈り物の贈り方、受け方、お返し/ 贈り物の包み方/ 相手に合わせて贈り物を贈る/ 花の贈り物/ 恋愛から婚約まで/ 見合いから婚約まで/ 見合い当日の心得/ いろいろな婚約の仕方/ 結納をかわすなら/ 結婚生活への心身の準備/ 結婚式と披露宴のきめ方/ 結婚披露宴招待客のきめ方/ 式服とハネムーンウェア/ 引き出物とみやげ物/ 新婚生活の準備/ 新生活での家具/ 新生活のワードローブ/ 結婚祝いの受け方/ いろいろな結婚式の仕方/ いろいろな披露宴/ 会員制祝賀パーティー/ 新婚旅行から新生活/ 新婚旅行から帰ったら/ 結婚後の新生活の人間関係/ 結婚祝いの贈り方/ 披露宴に招かれたら/ テーブルスピーチ/ 不幸を知って弔問するとき/ お通夜では/ 告別式に参列するとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク