贈り物の贈り方、受け方、お返し

 人はだれでも贈り物をもらうとうれしいものです。また、すてきなものを見ると、だれかにあげたいなと思ったり、好きな人に何かプレゼントしたいと思います。このように、贈り物は、人と人との間にあって、心のふれ合いをより確かなものにし、より密接なものにし、好ましい関係へと高めていく役目をします。人間関係をスムーズにするためにはなくてはならないものといえましょう。
 それだけに、贈り物というものにはむずかしい面もあります。贈り手の心をうまく代弁しなかったり、相手に違う心を届けてしまっては、逆効果です。そこで、贈り物をするとき、受けるときには、それなりのルールを守り、細心の心づかいをもって臨まなければなりません。

スポンサーリンク

 贈り物は贈る人の心を相手に伝える手段ですから、まずその品選びが大切です。品選びのポイントをあげてみましょう。
 お祝いなのか、お礼なのか、お見舞いなのか、あるいは愛情の表現であるのか、その目的にふさわしいものを選びます。格式あるお祝い事なら品物も格調高いものを、親密感をあらわしたければそれなりの品を、ということで、品物の持つイメージ、性格などをうまくとらえることです。
 贈る品は、親族同士か友人か恋人か、あるいは上司と部下か、など人間関係によって違ってきます。親しい人には親しいからこそ贈れる品がありますし、義理的要素の強い関係なら、少しおすましの、あまり個性のない品のほうが無難でしょう。
 相手にふさわしい品を贈ることは当然のことで、先方の年齢や環境、好みなどに合わなければ喜んでもらえません。
 自分の経済力に見合った贈り物、それが相手にとっても受けやすいものなのです。
 贈る時期に合ったものをシーズンとか祝い事の前かあとか、といったことも考え、タイミングよく贈ることです。
 贈り物は直接持参して手渡すのがていねいなあり方とされます。親しい人への結婚祝いとか、目上のかたへのお礼などは、なるべく直接届けたいものです。
 格式のある、あるいはかなり重要な意味の贈り物を届けるときは、品物を盆にのせ、ふくさ(四すみに房がついているかけぶくさ)をかけ、ふろしきに包んで持参します。もちろん品物の包装紙はとり、のしのかかった状態で包みます。先方に着いたら、ふろしきをとき、ふくさをかけた状態で脇におき、あいさつをすませたのち、正面に盆をおき、先方のほうへ向きを変えて、口上を述べ、ふくさをとって、先方へ盆ごとさし出します。
 それほど重要でない贈り物なら、ただふろしきに包むだけとか、盆にのせるだけなどと、適宜略してもかまいません。しかし、手みやげ以外は、店の包装紙のままさし出すことは控えます。包装紙をとり、のし紙のかかった形で出してください。なお、手みやげは訪問してあいさつをすませたら、すぐに出すものです。
 直接持参せずに、買った店から送ってもらうときは、必ずその旨を別便で知らせます。
 贈り物をさし出されたら、お礼のあいさつをして盆ごと受けとり、いったん違い棚とかサイドボードなど高い所におき、次に部屋を下がるときに奥に持ってはいります。品物だけ受けとり、お盆はお帰りがけにお返ししますが、二度あってもいい贈り物ならお移りとして半紙かマッチを入れて出します。結婚祝いと弔事の場合はお移りはしません。手みやけにお菓子などいただいたときには、さっそく器にとり、客にもすすめるといいでしょう。
 店から贈り物が送られてきたときには、すぐにお礼の手紙を出します。親しい人の場合には電話でもかまいません。
 贈り物に対してお返しをするのは日本的習慣ですが、これは贈られたことへの感謝の気持ちの表現です。
 祝い事の場合は約半額くらいの品を内祝いとして返しますが、弔事の場合は三分の一くらいでいいでしょう。目上には薄く、目下に厚くするのがエチケットとされています。
 普通、中元、歳暮にはお返しはしませんし、就職祝いや誕生祝いなど、個人的贈り物にもしなくてかまいません。そのかわり、先方の同様の祝い事に対してお祝いを贈ります。また、お見舞いに対しても、もとに復した時点で、その報告とともにお礼の気持ちを述べればいいのです。

冠婚葬祭
慶事の祝い方/ パーティーに招かれたら/ パーティーでは/ 訪問のマナー/ 訪問での戸口から退出まで/ 一間でお客を迎えるとき/ 敬語のマナー/ 電話のマナー/ お見舞いのマナー/ お金のマナー/ 贈り物の贈り方、受け方、お返し/ 贈り物の包み方/ 相手に合わせて贈り物を贈る/ 花の贈り物/ 恋愛から婚約まで/ 見合いから婚約まで/ 見合い当日の心得/ いろいろな婚約の仕方/ 結納をかわすなら/ 結婚生活への心身の準備/ 結婚式と披露宴のきめ方/ 結婚披露宴招待客のきめ方/ 式服とハネムーンウェア/ 引き出物とみやげ物/ 新婚生活の準備/ 新生活での家具/ 新生活のワードローブ/ 結婚祝いの受け方/ いろいろな結婚式の仕方/ いろいろな披露宴/ 会員制祝賀パーティー/ 新婚旅行から新生活/ 新婚旅行から帰ったら/ 結婚後の新生活の人間関係/ 結婚祝いの贈り方/ 披露宴に招かれたら/ テーブルスピーチ/ 不幸を知って弔問するとき/ お通夜では/ 告別式に参列するとき/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク