西洋料理のマナー

 会場がホテルやレストランの場合は、コートなど携帯品はクロークに預け会場へは持ちこまないようにして、定刻前に控え室に入ります。
 控え室で持つ間に食前酒などが出されますから自由にいただきます。参加者と談笑しているうちに、案内役が会場に案内しますから、主賓から先に入ります。
 なお、化粧室での用は控え室にいる間にすませておきます。常に着いてから髪をかき上げたり、衣服の乱れを直すのは失礼になります。
 着席する場合には、イスの左側に立ち、右手をイスの背にかけて、心もち持ちあげるようにして後方に引き、右足からイスの前方に入れて左足を右足にそろえます。そして、静かに腰をおろしながら、両手でイスを持ち、静かに前方へひき寄せながら着席します。
 イスは中央に深く腰かけ、左右どちらかにかたよって腰かけたりすることは見苦しいのでやめましょう。また、イスは深く手前へひき、テーブルと胸との間はにぎりこぶしひとつはいるくらい(約十センチ位)あけて着席します。イスに浅く腰かけるとその分だけイスが後方にとび出し、ウェイターなどのじゃまになります。
婦人のハンドバッグなどクロークルーム(携帯品預り所)に預けなかったものは、イスの背と自分の背なかの間に置きます。ハンドバッグをテーブルの上に置いたり、膝の上に置くのは見苦しいのでやめましょう。

スポンサーリンク

 着席すると、テーブルのオードブル皿には、あらかじめナプキンがセットされています。オードブルが出されるころあいを見て、ナプキンを取り膝の上に広げます。ナプキンは三分の一ほど上を折る方法もありますが、二つ折りにして折りめを手前にするのが一般的です。衿元にはさんだり、大きく広げて膝の上に置くのはみっともないのでやめましょう。もし、ナプキンが膝からずり落ちそうなときは、着物の場合なら帯の下、洋服の場合ならベルトの下にはさみこんでもよいでしょう。
 ナプキンは、食事中の口もとの汚れをふいたり、フルーツを食べるときフィンガーボールで洗った指先をふいたりしてもかまいません。口をふく場合は、強くぬぐうことはしないで、軽くおさえる程度にします。女性の場合は、口紅がつかないように気をつけます。ナプキンをハンカチやぞうきんのかわりにして顔の汗をふいたり、テーブルの汚れをふいたりしてはいけません。
 食事中、席を立つことはよくありませんが、やむをえず中座するときは、ナプキンを膝からはずし、四つくらいに軽くたたんでイスの上に置きます。
 食事が全部終わり退席するときは、ナプキンは汚れたところを内側にして軽くたたんでテーブルの左側に置きます。きちんと新品のようにたたんでおきますと、新品に間違えるということから、かえってマナーに反することになります。
 正式のディナーでは、ウェーターは大型の銀皿に十人前後ぐらいの料理を持って回ります。ウェーターは、料理は左側から、飲みものは右側からサービスすることになっています。料理は自分で取るのが正式なのですが、慣れない人はまごつきます。このようなときは、「取ってください」と頼めば、ちょうど一人分のお料理を取ってくれます。慣れない間はウェーターに頼んで取ってもらうのがよいでしょう。
 自分で取るときは、銀皿にはだいたいテーブルの人数分盛ってありますので、一人分を自分の皿に取り、なるべくきれいに盛りつけます。この際には、サービススプーンと、サービスフォークを使って自分の皿に移します。
 ナイフの持ち方は、ナイフの柄を右手の親指の腹と中指の側面とではさむようにして持ち、人さし指を軽く曲げてナイフの背に当てます。フォークは、背を上に向けて、左手で柄をにぎり人さし指を背に当てます。ナイフとフォーク、皿などをぶっつけて音をたてることは禁物です。
 魚のグラタンやオムレツ、サラダなどのようにやわらかい料理でナイフを使う必要がないときは、右手にフォークを持ち、フォークですくってもかまいません。ご飯は、フォークの腹を上にしてそこへご飯をのせて食べるのが正式です。
 フルコースの場合、ナイフ、フォークは、セッティングされた外側から順序よく使います。
 ナイフの刃を手前に向け、ハの字型に皿に置くのは、「食事中」のしるしです。ナイフとフォークをそろえるのは食事が終わったしるしです。その時、フォークは内側、ナイフは外側に置き、ナイフの歯は自分の方(内側)に向けておきます。
 テーブルの上には、あらかじめ調味料が置いてありますが、食べる前にふりかけるのはマナーに反して失礼になります。できれば招待の席では調味料は使わないにこしたことはありません。調味料がほしく、手の届かない場所にあるときは、隣の人に「すみませんがお塩をとってください。」と頼んでもかまいません。人前に手を伸ばして取ることは失礼です。取ってもらえたらお礼の言葉を忘れないようにしましょう。
 料理を食べている途中でタバコを吸ってはいけません。デザートコースになったら、隣の人に断わってから吸いましょう。できるなら、テーブルに着いている間は喫煙しないのが良いマナーです。
 ナプキンやナイフ、フォークなどを落してウエーターを呼びたいときは、ちょっと手をあげウェーターの方を見て合図します。すぐにウェーターが来てくれますので用件を簡潔に頼みます。大声で呼んだり、手や指を鳴らすのはマナーに反します。

冠婚葬祭
贈答の時期と心得/ 花の贈り方/ 現金の贈り方/ のしの種類と水引のかけ方/ 贈答品の渡し方/ お返しの仕方/ 病気見舞いの仕方/ 事故・災害見舞いの仕方/ 訪問時の心得/ 挨拶の仕方/ 訪問の際の履物やコートの扱い/ 先客があったときのマナー/ 訪問のきりあげ方と訪問後のお礼/ もてなしの心得/ 玄関での出迎え方と見送りの仕方/ 日本料理での席のつき方/ 日本料理のいただき方/ 西洋料理のマナー/ 西洋料理のいただき方/ 中華料理の種類/ 中華料理のいただき方/ お茶会に招かれたときのマナー/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク