玄関での出迎え方と見送りの仕方

 客がみえたら、すぐに出てドアをあけ招き入れます。玄関での挨拶は簡単にして、歓迎の気持ちを簡単に伝えたら、すぐ客間に通します。
 来客の予定があるときは、あらかじめ家人にもそのことを知らせ、茶菓の接待や、必要ならば、食事の手伝いをたのみ、客がみえたらそつなく応対してもらうように協力をたのんでおくとよいでしょう。客がなじみの深い方であれば、なるべく家族全員で出迎えるようにします。その温かい気持ちがなによりのもてなしのように思います。
 なお、先客がある場合は、客間に案内するときに、その旨伝えておくようにします。

スポンサーリンク

 客が帽子やコート、マフラー、ショールなどを持っていたら、預かってハンガーにかけておきます。大きな荷物があれば、それも同じ場所にまとめておきます。玄関に置きっぱなしは不用心ですし、見苦しいものです。
 履物は、一度客を客間に案内しておいてから整えるようにします。客が帰る時に、はきやすいように靴脱ぎ台の中央あたりに、つま先を入口の方へ向けて、きちんとそろえておきます。その際、軽くブラシをかけて、ほこりゃ雨水などをとっておくようにしましょう。めだたなくても、そうした優しさの込められたもてなしをするのが大切です。
 玄関先で、客からお土産を渡された場合は、一度お礼をいってから、客を客室に案内するときに持って入り、一度は別室に下げます。お土産が茶菓子類であれば、客が親しい方の場合は、菓子器などに盛って出し、一緒に食べてもかまいません。
 外出の予定があるときに、不意に訪ねられてとまどうことがありますが、そんなときは、事情を話して、また日を改めて、来てもらうようにすすめます。
 また、初対面の人が訪れた場合には、名前と用件を玄関先で聞くようにします。軽軽しく家の内に入れることはしないようにします。夫の知人だと言ってきた場合でも同様です。あとで連絡する必要があるかどうか確認しておくようにすればよいでしょう。
 客が帰る挨拶をしたら、一応は引き止めるのがエチケットですが、相手が忙しい方であったり、食事のもてなしなどもして、十分に飲談したあとであれば、わざとらしい引き止めはしなくてもよいでしょう。「なんのおかまいもできず失礼しました」などと一言添え、贈りものをいただいていれば、そのお礼を述べ、丁寧なお別れの挨拶をしてから、主人ともども見送りに立ちます。親しい間柄の客であれば、家族全員で見送るのがいいでしょう。
 また、客が主人の客ではなく妻の友だちであった場合でも、帰りには、主人も一緒に見送るのがエチケツトです。
 玄関では、客に忘れものがないか注意したり、身仕度などを手伝います。
 男性には靴ベラを渡したり、目上の人やお年寄りにはコートなどを着せかけてあげましょう。
 帽子やその他の持ちものがあれば手渡してから、玄関の戸をあけます。
 雨がふっていて傘を貸す場合は、客に気を使わせなくてもいいようなあまり上等でないものでけっこうですから、「お返しはいつでもよろしいので」など、と言って渡します。
 客は、最後まで気持ちよくもてなしたいものです。玄関に送り出した客が歩き出すか出さないうちに明りを消し、ガチャンと鍵をかけてしまっては、いかにも客の帰りを持っていたようであまりにも心ないことです。その最後の行為たった一つで今までの心を込めたもてなしが水の泡となってしまわないとも限りません。もてなしの心も終わりが大切です。
 目上の客の場合は、玄関の外に出て、門があれば門の外まで出て見送るのが礼儀です。
 目下の客の場合は、玄関先で見送ってもかまいません。
 いずれにしても、客の姿が見えるあいだは、玄関の灯を消したり、戸をバタンと強くしめたりしては失礼になりますので、消灯などは、客がかなり離れたころをみはからって、するようにします。
 夜遅くなったり、道が暗いところでは、近くまで送っていくとよいでしょう。
 車で帰る客の場合は、客が車に乗るときに別れの挨拶をし、乗り終わって発車するときに、軽く会釈をして送ります。車をしばらくそのまま見送り、最後にもう一度会釈するか手を振ってから戻ります。

冠婚葬祭
贈答の時期と心得/ 花の贈り方/ 現金の贈り方/ のしの種類と水引のかけ方/ 贈答品の渡し方/ お返しの仕方/ 病気見舞いの仕方/ 事故・災害見舞いの仕方/ 訪問時の心得/ 挨拶の仕方/ 訪問の際の履物やコートの扱い/ 先客があったときのマナー/ 訪問のきりあげ方と訪問後のお礼/ もてなしの心得/ 玄関での出迎え方と見送りの仕方/ 日本料理での席のつき方/ 日本料理のいただき方/ 西洋料理のマナー/ 西洋料理のいただき方/ 中華料理の種類/ 中華料理のいただき方/ お茶会に招かれたときのマナー/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク