のしの種類と水引のかけ方

 簡単な手土産のようなものであれば商店の包装のままでもかまわないでしょうが、冠婚葬祭の贈答のように正式に贈ることが求められる場合、思わぬ恥をかかないためにも正しい知識を身につけてください。
 のしは「のしあわび」の略称で、昔、おめでたい席の酒のさかなとして、のしあわびが出されたことや、その後贈答品には魚を添えたことなどからきたものといわれています。
 したがって魚介類を贈る場合にはのしをつけませんし、仏教では弔事になまぐさものを断つ精進が要求されることから、一般に弔事の贈り物にものしはつけません。
 最近では折りのしといって、紅白の紙を雛人形の着物のように折り、その中に短冊型に切った黄色い紙片のようなものを包み込みますが、本来は、この黄色いものが、のしあわびなのです。慶事一般には両折りのし、結婚祝いには片折りのしをつけます。
 なお、のしは、水引を結んだ後、贈りものの右肩に貼りつけます。

スポンサーリンク

 贈答品の和風の包装には、慶弔いずれも水引を使います。水引は贈答品を包む表紙にかけたこよりが美しく変化したもので、室町時代からの風習です。
 水引は、五本のこ上りをまとめて一本として使うのが一般的です。ただし、結婚祝いのときは、夫婦水引といって二本使う場合もあります。
 ここで特に注意しなければならないことは、水引の色です。
 慶事一般には紅白の水引を用い、結婚では紅白以外に金銀や金一色、赤金なども用います。
 一方、弔事には黒色のほか、白一色、黄白、青白、銀白、銀一色などを使います。慶事の色と弔事の色をまちがえると、とんだ失礼になりますので十分注意しなければなりません。
 結ぶときは、いずれの場合も色の濃いほうが右になるようにします。慶事の赤金の場合は、関東では赤が右、関西では金が右とされています。
 結び方には大きく分けて、結び切り(本結び)と蝶結び(略結び)とがあります。結び切りとは、結び輪のない結び方で、そのことが二度と繰り返されないようにという意味が込められています。そこで、二度あると困るような結婚、弔事に関した贈り物は結び切りとします。それ以外は蝶結びです。
 蝶結びはそのことが何度も繰り返されてほしい場合で、結婚祝いを除くほとんどの慶事がこれにあたります。
 病気見舞いのように、二度あっては困るし、といって結び切りでは弔事につながりそうでいけないというケースがあります。
 ほかにもこのように迷うケースがあると思いますが、その場合には、結び切りが本来の結び方ですので、それに従います。名古屋を中心とする中京地方では、現在でも、水引の色のみで慶弔を分け、結び方はすべて結び切りを用いることが多いようです。
 水引やのしは、正式には本物を用いますが、一般の贈答には、すでにでき上がっている祝儀袋や不祝儀袋を用いたり、水引やのしを印刷したかけ紙(のし紙)や袋を用いてもかまいません。
 このかけ紙にも大きいものや小さいものがありますので、贈る品物の大きさとのバランスを考えて選びましょう。
 なお、のし紙をかけるのは略式となりますので、ていねいな贈り物や高額な品物を贈る場合は、奉書紙で包んで水引で結ぶようにしたいものです。

冠婚葬祭
贈答の時期と心得/ 花の贈り方/ 現金の贈り方/ のしの種類と水引のかけ方/ 贈答品の渡し方/ お返しの仕方/ 病気見舞いの仕方/ 事故・災害見舞いの仕方/ 訪問時の心得/ 挨拶の仕方/ 訪問の際の履物やコートの扱い/ 先客があったときのマナー/ 訪問のきりあげ方と訪問後のお礼/ もてなしの心得/ 玄関での出迎え方と見送りの仕方/ 日本料理での席のつき方/ 日本料理のいただき方/ 西洋料理のマナー/ 西洋料理のいただき方/ 中華料理の種類/ 中華料理のいただき方/ お茶会に招かれたときのマナー/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク