現金の贈り方

 現金は、便利ですが一番やりとりのしにくいものです。贈り物に迷って、常識的なものを贈るよりも現金で贈った方がよい場合もあります。
 入学祝いや卒業祝い、あるいは見舞い、餞別など目下の者に限らず目上の人に対しても、時には品物を贈るよりも現金の方が喜ばれる場合がありますのでかならずしも失礼にはなりません。目上の人に現金を贈ることに抵抗を感じる場合には、菓子析などの品物に添えて出せば、抵抗なく贈答に使えますし、受け取る方も気持よく受け取れます。
 現金は、のし袋などに入れ、表書きのことばを書きますが、贈る金額とつり合いのとれた袋に入れます。また、お札は、新しいものを使用するのがエチケットです。
 なお、誕生祝い、内祝い、お中元、お歳暮には、現金を贈ると失礼になりますので注意しなければなりません。

スポンサーリンク

 現金書留で、現金を郵送する場合は、紙幣を直接に現金封筒に入れないで、その目的に応じ水引の印刷された市販ののし袋や不祝儀袋に入れてから、現金封筒に入れて送金します。
 商品券や小切手なども現金と同じようにしますが、いずれの場合でも挨拶の手紙を同封するか、別便で送るとよいです。
 現金の正式な包み方は、半紙で中包みをしますが、慶事と弔事とでは逆に包みます。しかし、最近では、同じ包み方が多いようです。また、中包みを省略する場合や、中包みに水引やのしをつける方法もあります。
 上包みは、慶事には二枚、弔事には一枚の奉書で包むのが正式ですが、これらを区別せずに一枚ですませてもかまいません。また、包み方も区別なく左から包むことが多いようです。
 略式の包み方として、中包み用の小さな封筒にのしと水引をつけたものや封筒にのしや水引を印刷したものが市販されていますので、これらを利用することもできます。
 現金の渡し方は、玄関先で渡す場合と部屋で渡す場合とがあります。
 玄関で渡す場合は、挨拶をすませてから風呂敷をほどき、風呂敷を金包みの右側に置きます。金包みは、正面を先方に向けて差し出します。
 応接間などで渡す場合にも、いったんひざの脇におき、挨拶をのべたあとに、ふくさをといてたたんでから、テーブルの上に金包みを置き、正面を先方に向けて差し出すようにします。
 商品券やギフト券も現金にかわる贈り物として利用されています。
 商品券は、テパートで商品券に表示された金額で好みの物を買うことができますが、指定されたデパートでなければなりませんから、受取り主が使いやすいテパートの商品券を贈ります。
 また、適当なデパートがない場合には、ビール券、図書券、バターやチーズ券などのギフト券も便利なものとして喜ばれます。

冠婚葬祭
贈答の時期と心得/ 花の贈り方/ 現金の贈り方/ のしの種類と水引のかけ方/ 贈答品の渡し方/ お返しの仕方/ 病気見舞いの仕方/ 事故・災害見舞いの仕方/ 訪問時の心得/ 挨拶の仕方/ 訪問の際の履物やコートの扱い/ 先客があったときのマナー/ 訪問のきりあげ方と訪問後のお礼/ もてなしの心得/ 玄関での出迎え方と見送りの仕方/ 日本料理での席のつき方/ 日本料理のいただき方/ 西洋料理のマナー/ 西洋料理のいただき方/ 中華料理の種類/ 中華料理のいただき方/ お茶会に招かれたときのマナー/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク