法要に出席するときの服装と御供物

 法要に招かれたときは、正式な喪服を着る必要はありません。
 仏式の初七日から四十九日、一周忌くらい、神式の五十日祭、一年祭くらいまでは準喪服にしますが、三回忌、七回忌、十三回忌と、回数を重ねるごとに服装も次第に喪の表現を少なくしていきます。二十七回忌、三十三回忌ぐらいになれば、地味な外出着程度でいいでしょう。
 法要に出席するときは、霊前(仏前)に供える花とかお供え物を持参するのが習わしとなっております。とくに、初七日、三十五日、四十九日など、葬儀直後の法要に招かれたときは、それが常識となっております。しかし、法要の会場が、お寺とか料亭など自宅以外の場合や、出席者の人数が多いときは、花や供物が重なって、かえって迷惑となることもありますので、現金をもっていく方が無難でしょう。
 御供物にかえて現金を包む場合の金額の目安は、食事が有る無いにより違い、食事が出る場合は多く、茶菓程度の場合は、少なく包むわけですが、一般に食事に招かれたときは香典の半額程度で、お茶のもてなし程度なら、それより三割ほど少なくてもよいでしょう。
 お金は、不祝儀袋に入れ、表書は仏式では「御仏前」「御花料」「御供物料」とし、神式では「御榊料」「御神前」「御供物料」キリスト教式では「御花料」などとします。水引をかける場合は、黒白でなく、白一色、または銀色と白などを用います。
 なお、近親者の場合は、法要の経費の一部を負担するという意味から、やや多めの額を包むようにします。
 法要に招かれた出席者は、参上した際「御丁寧に御法要のお招きをいただきましてありがとうございました。お詣りさせていただきます」などと遺族に挨拶をします。
 法要に招かれたのに出席できない場合は、宴席の都合もあるので早めに出席できない旨の通知をします。同時に遺族の近況をたずねる手紙を出し、三回忌までの間の法要であれば、香などを贈るとか、近くに行ったときに訪れるとかして遺族を慰めるようにしましょう。

スポンサーリンク

 法要は、仏式ですと三十五日、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌等とそれぞれの節目に順を追って営まれます。
 その日どりを決めるときは、故人の命日にするのがもっともよいのですが、参会者の都合もありますので、それらのことを考えて、最近では、命日前の休日を選ぶのが一般的になりました。いずれにしても、故人とゆかりの深い方々には、是非出席いただける日を選ぶことが好ましいことです。
 法要での参会者のもてなし方については、これといって決った形はありませんが、食事を出す場合と、単にお茶とお菓子ですます方法があるようですが、現在はほとんど食事を出しています。
 墓前で供養したあと、僧侶や参列者を接待します。
 遺族代表は、宴席のはじめに、故人をしのんで参列してくれた人たちに対して厚くお礼をのべ、その後の遺族の近況などを報告したあと、宴席でくつろいだ歓談をしてほしい旨の挨拶をします。
 宴席では、故人にまつわる思い出話などをしてもらうとよいでしょう。
 また接待のあとは、引き出物を用意して、来客に渡すのが一般的です。
 なお、法要のもてなしは、法要の本来の趣旨をわきまえ、あまり派手に行う必要はありません。
 法要にお招きした方へは、食事のもてなしとは関係なく遺族から引出物を贈るのが慣例となっております。
 この引出物は、法要を記念して参会者に贈られるもので品物は特別に定まってはいませんが、現在では無難な家庭用品がよく利用されているようです。その価額も大体三千円程度のものとなっております。
 なお、これらの引出物にはかならず水引をかけるようにします。この場合の水引は、黒白よりも白一色か、銀色と白などがよいでしょう。これらについては、施主が一つ一つ気を配らなくても、法要に使用する品物といえば、デパートなどではよく心得ているのでそのように頼めばやってくれます。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク