年忌の法要の仕方

 法要とは、死者をしのんで行う仏事のことですが同時に祖先に対する感謝の心をあらわす場でもあります。
 法要は、僧侶に読経していただくだけでなく、親類縁者や故人とつき合いの深かった人々を招いて宴席を設け、宴席では、故人の思い出品などをしてもらうとよいでしょう。
 年忌法要は、すべて数え年でいきます。亡くなった翌年の祥月命日(亡くなった月の同日)に一周忌を行います。そして翌年、亡くなって満二年目が、三年目を迎えるということで三回忌。同じように満六年目が七回忌、以下十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌を営みます。その後は、五十回忌、百回忌のように五十年ごとに営みますが、地方によっては、四十三回忌、四十七回忌をつとめるところもあり、また、三十三回忌や五十回忌で終わるところもあります。
 法要は命日にするのが理想的ですが、お寺のほうで行事が重なって都合の悪いこともあり、また日曜日のほうが人が集まりやすいこともありますので、命日に近くて都合のよい日を選んで決めます。ただし、その場合命日よりあとの日にならないように気をつけます。

スポンサーリンク

 親の三回忌と祖父の三十三回忌が同じ年にあたったりする場合は、回忌の若いほうにあわせて一緒に「併修」してもかまいません。この場合、案内状や引出物(記念品)にそのことを明記することが必要です。月々に僧侶にお経をあげてもらう月忌詣りも、もっとも身近な人の忌日に併修してもかまいません。
 法要を営むにあたっては、予算をたて、法要の規模を決めてから、僧侶と相談して日時を決めます。わからない事は、この時に僧侶に相談すれば教えてくれます。日時は、お寺や親類縁者の都合を考えて、最低二か月ぐらい前までには決めるようにします。招く人の範囲は、近親者、知人、友人などですが、知人、友人については、主催者の交際関係者ではなく、故人を中心に考え、故人と深いつながりのあった人々を招待するようにします。遠方で不可能と思われる人も案内状だけはさしあげます。
 法要の経費として必要なものは、案内状関係費、会場費(お寺等を借りる場合)、仏壇のお供えもの代、僧侶へのお礼、引出物代、会食費、などです。
 法要は、寺で行う場合と自宅で行う場合がありますが、いずれにしても、僧侶に頼んでお経をあげてもらい、参列者が焼香礼拝してのち、一同で墓参りをし、そのあとに宴を関きます。
 真宗以外の宗派では、墓に「塔婆」をあげます。塔婆は塔婆料を寺に納めると、墓参りのときまでに、寺のほうで用意してくれます。
 法要は、僧侶を招いて行いますが、地方から都会へ出た人の場合は、田舎のお寺を檀家寺としてつきあいを続けていても、遠方であるため、月忌詣りや彼岸・盆には近くのお寺にお願いすることがあります。その場合、同じ仏教だからどの寺でもよいと考える人がいますが、先祖が帰依していた同じ宗派の同じ儀礼で法要が営まれるのが、先祖に対する供養としても大切ですから、出身地の檀家寺に問いあわせて紹介していただくようにします。お寺にはその宗派の寺院名簿があり、居住地の近所のお寺を紹介してくれます。
 永代供養とは、仏の供養をすべき施主が遠くに行っていたり、施主となるべき人が死に絶えてしまったなどの場合に、菩提寺が代わって永久に法要を営んでくれるというものです。
 永代供養料は寺によっても違いますが、五十万円とか百万円とかいうまとまった金額を寺に渡すと、寺ではそれを施主の名前で預金などをして、その利息で永代供養ができるようにはからってくれます。
 ふつう永代供養を申し込むのは、三回忌か七回忌あたりのことが多いようです。
 ただし、永代供養を申し込んだからといって法要をしなくてよいというものではなく、施主がいる間は永代供養の約束とは別に、ふつうの法要をします。
 死亡後一年目に一年祭を行い、あとは二年祭・三年祭・五年祭・十年祭と続き、五十年祭までは十年目ごとに祭祀を行います。その後は百年祭、さらに百年目ごとに行うわけですが、一年祭・三年祭・五年祭、そして十年祭は盛大に行うのが一般的です。
 自宅に、親せき、友人、知人を招き、神職に祭詞をあげてもらい、主だったものが玉串奉寞をします。
 霊祭のあとは、招いた人を自宅あるいは料理屋でもてなします。
 プロテスタントでは、死亡して一年目、三年目、七年目などに召天記念式を行うことが多いようですが、これは日本の一般的習慣に合わせたものといえます。
 式は、教会で行われますが、墓前や自宅で行うこともあります。
 カトリックでは、死亡した日から一年目に追悼ミサを行いますが、それ以後は特別なきまりはなく、十年目と二十年目、五十年目あるいは十五年目や二十五年目といったきりのよい年に、とくに盛大に行うこともあります。また家族の意向で、仏式法要の習慣に合わせて、三回忌や七回忌などを盛大にすることもあるようです。
 ミサは、教会聖堂で行われます。参列した人へのもてなしは、両派とも、一般には、茶話会程度の簡単なものとなっているようです。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク