忌日と忌明けの法要の仕方

 仏教では、死者の冥福を祈り、霊を慰めるために行う行事を法要といい、法事・仏事・追善供養・年回・年忌などと呼びます。
 法要には、死亡後七日目ごとに行う追善供養(中陰供養)・故人や先祖の命日に行う月忌法要・一周忌や三回忌・七回忌といった年回法要、年中行事化した盆やお彼岸のお寺詣りといったものまでいろいろあります。
 中陰(中有)とは、仏教のことばで、輪廻転生する人間が、この世に生まれた時を始有、この世に生きている間を本有、亡くなってから次の生に生まれ変わるまでを中有といいますが、その生まれ変わる期間は、七日毎となって、一応四十九日までには決まるとされています。しかし人に依っては、これに限られてはいませんがこのように、死後、次の生が決定する迄を中有と申します。ただ単に中陰といった場合は、四十九日迄をいいます。

スポンサーリンク

 亡くなった場合、できるだけ幸福な次の世に生まれ変わることができますようにという意味で、死者の冥福を祈り、死亡後四十九日まで一週間ごとに七回の供養をし、その後「百か日」の法要を行います。
 法要の日は、地域によって多少ちがう数えかたをしますが、死亡の日から数えて七日目が初七日、次の日から七日目が二七日というように三七日・四七日・五七日(三十五日)・六七日・七七日(四十九日)まで一週間ごとに法要し、これを忌日ともいいます。
 法要の日には、僧侶に読経してもらいますが、とくに初七日と忌明けの日の四十九日には、近親者や葬儀でお世話になった人を招いて大がかりな法要を営むことが多いようです。法要の日が勤めの関係や商売にさしつかえのある時は、日を早めてもさしつかえはありません。
 臨終から六日目の晩を逮夜といって宗派によっては逮夜法要を忌日より重視し、初七日を逮夜法要と合せて前日におこなうこともあります。
 中陰のうちは、仏壇の前に机を置き、白布をかけ、そこに白木の位牌やお骨を安置し香華燈を点じ、茶・お水・供物などをお供えします。
 七七日(四十九日)は、忌明け・満中陰といい、忌日が終わったという意味で、近親者などを招いて法要を営んだあと、精進料理などで忌明けの宴を催したり、香典や供物などを贈ってくれた人々へは、忌明けの挨拶状や香典返しを送ったりします。
 忌明けがすぎたら、白本の位牌はお寺に返し、かわりに塗りの位牌を人魂供養して仏壇に納めます。遺影は、仏壇の外に飾ります(これも宗派によって異なります)。
 お骨おさめは、地方によって違いますが、忌明けの法要を営んだときに埋葬する場合が多く、墓がない場合は、お寺に一時預けるか、寺院や霊園の納骨堂に納めますが、このとき、僧侶に納骨の読経をしてもらいます。なお、忌明けは、略して三十五日に繰りあげて行ってもよいことになっています。
 四十九日の法要のあとは、百か日の法要ですが、三七日や五七日に、百か日法要を兼ねて行う場合もあります。
 この日には、ゆとりのある家では、自分の家の新仏の供養とともに、そのお寺の身よりのない仏全体のために「施餓鬼会」を行うこともあります。
 忌中には、祭礼・祭典等の神事や結婚式等へ出席しないほか、翌年の正月の祝いは、行わないのが一般的な風習となっています。
 結婚式などの席には、百か日までは遠慮するのが普通とされていますが、宗派によってはこだわらないところもありますので、僧侶にたずねるのがよいでしょう。
 神式では斎日といって十日単位になっています。亡くなった翌日にする翌日祭から、十日祭、二十日祭と続いて百日祭まであって、その先はこ千祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭と十年ごとに百年祭まであります。
 このうち五十日祭は仏式の四十九日忌と同じ意味をもち、その翌日に修祓して清祓の儀が行われます。これらの斎日には神職を呼んで、献饌、祭詞、玉串奉天などを行います。このあと、招いた人をもてなします。
 キリスト数式での仏式の法要、神式の霊祭に該当するものは、プロテスタントでは記念式、カトリックでは追悼ミサと呼びます。
 プロテスタントの記念式は、一か月目の命日に行います。
 当日は、近親者や友人、知人が集い、牧師の先導により聖書を読んだり、讃美歌を歌い、その後、茶菓を出して故人をしのびます。教会で行うことが多いのですが、自宅や墓前で行うこともあります。
 カトリックの追悼ミサは、ミサ聖祭とも呼ばれ、死亡した日から数えて三日目、七日目、三十日目、その後は一年ごとに行います。内容はプロテスタントとほぼ同じで、教会聖堂で行います。そのあと茶菓をもてなす程度で終わります。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク