キリスト教の葬儀の進め方

 プロテスタントにとっての葬儀は、この世に生を受けたことに感謝し、故人が生前に受けた神の恵みに感謝し、故人とのしばしの別れを惜しみ、やがて天国で再会して、ともに神につかえる希望と信仰を深めるための儀式とされています。
 プロテスタントの葬儀は、個人の信仰に重きをおき、聖書による祈りを中心に行われ、カトリックにくらべて簡素です。
 プロテスタントの葬儀はほとんどが教会で行われますので、棺が自宅を出る前に牧師は喪家を訪れ近親者や友人、知人が着席し、一同で讃美歌を合唱、牧師が聖書朗読、出棺の祈りをささげます。
 そのあと霊柩車を先頭に教会へ向かいます。
 教会での席順は、右側の前列には喪主と遺族、近親者、左側前列には葬儀委員長とか会社関係者、弔辞をのべる人など、そのうしろが友人、知人、一般参列者は後方の空いた席につきます。
 定刻になると開式のオルガンの前奏で先導者(教会関係者)、棺、遺影、遺族の順に入場します。棺や遺影はふつう遺族か近親者が持ちます。
 先導者は棺を祭壇中央に安置し、その前に遺影を置き、白い花で作った十字架や生花で飾ります。
 式次第は宗派によっても多少違いますが、およそ次のようなものです。
 オルガンによる前奏で始まり、聖書朗読、讃美歌合唱、再び聖書朗読、祈りが捧げられて一同黙祷、讃美歌合唱、故人の略歴紹介、牧師の式辞の朗読、祈り、故人の愛唱した讃美歌合唱、弔辞・弔電披露、讃美歌合唱、祈りで式は終了します。
 オルガンによる後奏があり、喪主あいさつのあと、告別式にあたる牧師、喪主以下一同の献花が順次行われます。
 参列者が多い場合は、献花をやめて、全員が、そろって黙祷を捧げるだけで告別式をすませることもあります。

スポンサーリンク

 カトリックにとっての葬儀は、故人の罪を神に詫びて許しを乞い、永遠の安息が得られるように祈るための儀式とされています。
 カトリックの葬儀は、教会の教義中心に行われ、儀式を重要視します。
 カトリックの葬儀はほとんど教会で行われます。
 自宅を出るときには、一同で出棺の祈りをします。このとき、神父に喪家まで来てもらうのがふつうです。教会に着くと、「天国に導き給わんことを」の祈りが捧げられる中を、棺は教会の中央に、足を祭壇のほうに向けて安置され、花が飾られ、六本のろうそくが立てられます。
 故人がカトリックの信徒ならば、ここで「安息のミサ」が行なわれます。司祭は故人の生前の罪の許しを乞い、永遠の安息を神に祈ります。参列者も共に祈ります。
 ミサ聖祭に続いて司祭は祭服を着がえて放論式に移ります。
 司祭の追悼説教、聖歌に続いて司祭は、棺に聖水を庄ぎ、次いで香をたきながら棺の回りを回って死者の冥福を祈ります。
 最後に一同聖歌を唱和します。告別式は、神父が献香、撒水、祈りを行い、退場したあと、弔辞・弔電披露、一般参列者の献花、遺族代表のあいさつで終わります。
 教会での席は、喪主、遺族、近親者が最前列にすわりますが、その他の席についてはあまりこだわらずに、空いた席がないように着席するようにします。
 その他の葬儀のしかたとしては、故人が所属していた政党、労働組合、文化団体などが主催して行う無宗教葬とでもいうべき新しい形式の葬儀があります。
 僧侶、神官、司祭などの宗数的な司式者はおらず、所属した団体から選ばれた葬儀委員が、司式者、進行係となって儀式がすすめられます。
 式場は、主催団体の集会場や公私立の体育館、葬儀所などが使われます。
 正面の祭壇上に棺または遺骨が安置され、その後に遺影が置かれ、左右に生花などが飾られます。
 式の順序は、主催団体の代表者の告別の辞に始まり、関係団体などの代表者、その他先輩、友人などの弔辞の朗読および弔電の披露とつづきます。
 つぎに献花に入り、喪主からはじまって遺族、親族、葬儀委員長、来賓そして一般会葬者の順に行われます。献花の仕方は、キリスト教の告別式と同様で、霊前へ進み花を受取って、献花合の前で一度遺影を仰ぎみてから一礼し、花の根元を霊前に向けて置きます。
 式の前後あるいは途中には、レコードなどにより葬送行進曲や故人の生前好んだ曲などを流したりすることも行われているようです。
 なお、主催団体の性格、故人の職業、趣味などによって、それぞれ違った行事が加えられることも少なくありません。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク