葬儀の進め方

 仏式の葬儀は、僧侶によって、故人の霊を浄土へ送るための儀式です。遺族や近親者、友人、知人などで行われ、故人の霊をなぐさめ、つつがなく成仏することを祈る儀式です。
 葬儀の順序は、宗派によって、また地方の慣習や式場の形態、会葬者の人数などによっても違ってきますが、一般的な例としては次のような順序によって行われます。
 遺族、近親者は、開式時刻の十分前までには席に着くようにします。なおこの時の席次は、祭壇に向かって右側に、喪主を先頭に血縁の近い順に遺族、近親者、親戚の人たちが並び、左側には葬儀委員長、世話役、友人、知人が並びます。
 僧侶が入場されましたら、一同起立して迎えます。ただし、式が座敷で行われ、参列者が全員坐っている場合は、軽く頭を下げるだけでかまいません。その後、進行係の開式の挨拶によって葬儀が始まります。
 読経のあと、弔辞・弔電の披露があります。弔電がたくさん来ている場合には、代表的なものを若干披露するだけにとどめ、残りは仏前に供えて省略します。
 つぎに、僧侶の焼香が行われ、それがすむと進行係の「焼香に移ります」との声に従って、読経が続けられるなかを、喪主から順に焼香します。このとき、進行係が名前を一人一人呼び上げる場合もありますし、席順に次々と行うこともあります。その他、参列者が多いときには、幾つかの香炉が参列者の中を回されることもあります。
 参列者の焼香が終わると、僧侶は退場し、喪主または葬儀委員長の挨拶のあと進行係の閉式の辞によって葬儀は終了します。
 以上で葬儀が終わると、一般告別式へと移ります。なお、弔電披露を葬儀に入れるか、告別式に入れるかは、宗派によって違いがあるようです。

スポンサーリンク

 神式による葬儀を神葬祭または葬場祭りといいます。これは、死のけがれを清め、故人の霊を慰め、死者を命とあがめ、故人の霊魂がなきがらを離れて家の守護神、氏神となるようまつる儀式で、仏式の葬儀にあたるものです。場所は、自宅か斎場で神官を招いて行われます。
 参列者は入場の前に手水を使って身を清めます。
 祭壇に向かって右側に喪主、遺族、近親者が、左側には葬儀委員長、世話役、友人、知人など、そして祭壇の正面の、親族などの後方に一般参列者が横に並んで着席します。斎主(神官)が入場し、葬場、棺、供物、祭具、参列者の順におはらい(修祓)します。そのとき一同は平伏して受けます。神饌(飲食物)と幣吊(供物)を供え、俗詞(のりと)が奏上されます。俗詞では、故人をしのぶとともに、故人の生前の略歴や功績が述べられ、遺族への守護が祈願されます。この間、一同平伏します。伶人(楽人)が詠歌を奏し、弔辞・弔電の披露がその間に行われます。
 それがすむと斎主が玉串を奏って拝礼し、ついで喪主、遺族、近親者、友人、知人などの順で玉串を奏寞します。玉串奏莫とは、榊の枝に四手といわれる紙片を付けた玉串を斎主から受け取り、これを祭壇に置かれた玉串案に供えることで、仏式の焼香に代わるものです。
 神饌と幣吊が下げられ、斎主が一拝、一同一拝します。斎主退場後、遺族代表か世話役(葬儀委員長)による会葬謝辞と閉式の辞で式が終わります。
 引き続き告別式が開始されます。特徴としては、葬送の祭詞がわかりやすいので故人をしのびやすいということです。
 特に仏式葬儀との違いというのは、仏式の焼香が玉串奉天に、僧侶の読経が斎主の祭詞奏上にかわるということです。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク