通夜の仕方

 通夜とは、死者を葬る前に、肉親のほか、生前故人と親しかった親戚、友人たちが集まって、静かに故人を偲び、遺体を見守ることをいいます。
 昔は、おおぜいの人が棺前に集まって、夜を徹して通夜をしたものですが、今はこのようなしきたりはしだいにすたれ、夜どおし棺を守るのは、肉親とごく近い親戚だけに限られるようになりました。そして、この他の人たちは、半通夜などといって、夜の七時か八時頃から集まり、九時か十時頃に切り上げるのが普通となってきました。
 仏式の場合は、出棺まで、毎日、朝夕、膳を供えるなど、心をこめてご供養します。通夜に当り、僧侶を招いて、読経をしてもらい、そのあとで参列者がつぎつぎに焼香をして、通夜の儀式を終わります。ですから、喪主は縁故者にあらかじめ通夜の読経時間を知らせて、その時間にあわせて来てもらうようにします。

スポンサーリンク

 焼香をする順序は、喪主を最初に、遺族のうち、故人と血のつながりの濃い順(同じ場合は年令順)にあげ、ついで、親類縁者が血のつながりの濃い順にあげます。そのあと参列者があげますが、参列者の場合は、特に故人とつながりの深い人があったら、その人を先にし、そのほかは、着席順に、任意に焼香をしてもらいます。
 つぎに、線香のあげ方についての説明は、まず、設けの席のひとひざ手前にすわり、持参の香典を右わきの前に置き、仏前に一礼します。つぎに両手をついて設けの席ににじり出て、香典を仏前に供え、合掌して頭をさげ、ローソクの火を線香に移し、その炎は手であおいで消してから線香を立てます。線香の炎を口で吹き消したり、線香を振り回して消したりしてはいけません。
 線香は、一本だけ火をつけて立てます。二、三本に火をつけても、必ず一本ずつ立てるものです。線香を立てないで、抹香を火にくべる焼香の仕方もあります。寧ろこの方が多いのです。焼香したならば、合掌して礼拝し、さらに一礼して両手をつき、設けの席からひとひざうしろにさがります。そこで遺族にていねいにお辞儀をして、返礼を受けてから退席します。
 僧侶の読経、弔問客の焼香がすんでひと息ついたところで、一般の弔問客は引きとります。あとは内輪の人たちだけで、灯明や香を絶やさないようにして遺体を見守ります。
 酒食は必ず出さなければならないものではなく、その家の都合や考え方から、酒ぬきで、すしやサンドイッチを出したり、茶菓を出すだけにしてもよいのです。
 神式葬では、納棺の儀が終わってから出棺するまでは、家族や親族が交代で、昼夜の別なく、棺前にひかえて奉仕するしきたりになっています。そして、出棺までは、毎日、朝夕二回または毎朝一回、常設を供えることになっています。
 通夜祭は、葬場祭(仏式の告別式にあたる)の前夜、斎主をはじめ、祭具、楽員などの手で次のように行われます。
 楽員および一般参列者の着席、斎主・祭具が、ついで喪主以下家族・親族が入場着席します。
 斎主が棺前に進んで一拝、一同がこれにならって一拝したあと、祭具らの手で常設が供えられます。
 斎主が祭詞を奏上したのち、玉串を奉って座にもどります。
 喪主から順に、家族、親族が一人ずつ玉串案の前で、玉串を奉ります。
 一般参列者が玉串を奉ります。
 それが終わると、祭具は常設を下げ、斎主が棺前に進んで拝礼、一同もそれにならって拝礼して終わりとなります。
 この間、楽員は雅楽を奏して、厳粛な気分をかもし出します。
 もう一つ遷霊祭という儀式があり、正式には納棺のあと、神職の手によって夜行われることになっていて近ごろでは、通夜式の中で行う例が多いようです。
 これは、故人のみたまをみたま代に遷し止める、という儀式です。
 すべての灯火を消し、暗闇の中で、斎主は遷霊詞を誦しながら、故人の名まえと生年月日を書き入れた鏡や白木を遺体の顔にかざして、死者の魂をそれにのり移らせます。この鏡や白木がみたま代で、これは鏡や白本に限らず、故人の愛用していたものならなんでもよいわけです。この瞬間から遺体は魂のないぬけがらとなり、みたま代は神になった故人の魂ということになります。
 カトリックの場合、棺のちょうど遺体の頭のあたりに十字架を置き、小机に故人の写真、花、二本のろうそくを飾ります。
 神父は死者に聖水を注ぎ、皆で通夜の祈りを捧げ、聖歌を合唱します。説教の後故人を偲び、静かに思い出などを語り合います。
 プロテスタントの場合、前夜式といわれる儀式があり、仏式の通夜に相当するものです。葬儀の前夜に行われるもので、納棺式と兼ねたり、納棺式に引き続いて行うこともあります。
棺を安置した部屋に集まり、牧師を招いて行います。司式者(牧師)は、聖書を朗読して祈りを捧げ、説教または感話(故人を偲ぶ話)を行います。
 通夜の夜は、遺族は喪服を着用しますが、これに参列する人も、近親や親しい知人は、なるべく喪服か、準喪服を用います。一般の人は、平服でかまいませんが、なるべく地味な色柄のものを用い、男のネクタイや靴は必ず黒、女性も、和服なら、地味なふだん着に帯だけを黒にし、洋服なら、地味な無地のものに黒の靴を用います。さらに、結婚指輪以外のアクセサリーは、いっさいはずし、濃い口紅や赤いマニュキアも消すようにします。
 また、一般の弔問客は、通夜の読経がすみ次第退席します。世話役も「どうもありがとうございました。明日のお仕事もおありでしょうから、どうぞお引きとりください」と弔問客が帰りやすいような挨拶をします。
 特に故人と親しかったグループが故人の思い出話に一夜を明かそうというときには、遺族と相談し、了解を得たうえでのことにしましょう。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク