納棺の仕方

 棺には「座棺」と「寝棺」とがありますが、棺内の死体は安らかに置いてやりたいという気持から、今日ではほとんど「寝棺」が使われるようになりました。
 棺に納める場合は、まず、棺の底に白の薄いふとんか毛布を敷きます。その上に経帷子か、故人愛用のきものなどを着せた遺体をあおむけに寝かせます。経帷子以外のものを着せた場合は、紙などで作った形式的な経帷子をかけてやります。
 棺の中には、故人愛用の品などを入れますが、金属など、燃えにくいものは避けるようにします。最近は、故人の好きだった花などで遺体を覆ってやることも、広く行われるようになりました。
 こうして「納棺」が終わると祭壇にまつって、憎の読経・回向を受けます。
 なお、棺のふたは、出棺のときまで、釘付けしないのが普通です。
 地方によっては、棺の上にも守り刀を置くところがあります。

スポンサーリンク

 不幸のあった家では、次の点を注意しなければなりません。
 家の入口にすだれを裏返しにして下げ、中央上部に忌中札を貼ります。忌中札は、一般には半紙を真四角に切って黒輪郭をつけ、中に「忌中」「喪中」「中陰」などと書きます。地方によっては黒枠をつけず、また半紙も原形のまま縦長にして使うところもあります。葬儀の日時が決まったら、この忌中札の下の部分に書き入れます。現在ではこれらの用意も、葬儀社でやってくれる場合が多いようです。
 不幸があったら、家の内外を見苦しくないように整頓するとともに、華美な装飾類は一切取り除きます。神棚のある家庭では、忌明けまで神棚の扉を閉め、白紙を貼っておきます。これは不浄の気が神に及ぶのをはばかる気持ちからです。
 家人は地味な服装に着替えるとともに、通夜・葬儀当日の喪服を調えておきます。手持ちの喪服がないときは、知人に借りるなり、貸衣装店から借りるなりして、当日になってあわてないようにします。
 喪主、遺族、近親者一同は、殯室(遺体が安置してある部屋)に集まり、喪主にならって一同が遺体に一拝します。つぎに、遺体に泳浴をさせたあと、白絹の時服(季節の服の意。夏はひとえ、その他の季節はあわせ)の小袖を着せます。白絹の敷ぶとんをしいた棺の中に遺体を納めて白絹の掛けよとんをかけ、故人の生前の愛用品などを入れて、ふたをします。なお、「沐浴」は仏式葬の「湯濯」にあたるものですが、今日ではアルコールか湯で拭くのが普通です。
 こうして、納棺を終わると、全員が「手水の儀」(手を洗い清めること)を行って、手を清めたうえ、棺を祭壇にうつします。
 喪主をはじめ、一同は棺の前に着席して一拝します。棺前には案を置き、洗米、水、塩や故人の好物などを供えます。そして、喪主から順に拝礼し、殯室から退出して式を終わります。
 神道では、完全に葬るまでの間は生前好きだった食物や洗米を供えて奉仕します。生ぐさものも供えてかまいません。
 出棺までは朝夕、少なくとも朝は必ず供えて拝礼します。
 神棚に白紙を貼ります。まず、祖霊舎(祖先の霊を祭ってある神棚)に「だれそれが帰幽(死亡)いたしました」と報告してからその前面に貼ります(仏式の神棚封じと同じ)。それから、遺体を安置した部屋には、しめ繩を張ります(現在は納棺の儀のあとで棺の回りの空間に張ることが多くなりました)。また玄関にはすだれを張り、忌中の礼を下げます。もし病気治療中に平癒を祈願した神社があれば、その神社に出向いて、その祈願を解くことが大切です。
 なお、仏式やキリスト数式と異なる準備としては、斎主、引責主、祭具、楽員などの神職を依頼することです。また、祭具、葬具、用具などについては神式独得のものがありますから、神職とよく相談することです。
 葬儀社に頼むときは、神葬祭によることをはっきり知らせておくことが大切です。
 家の内外を整理し、弔問客が案内を乞わずに入れるよう、門をあけておくことは仏式の場合と同じです。
 カトリックの場合、病人が息を引きとったら遺体を清めます。
 神父を中心に近親者は遺体を囲んで祈り、聖書を朗読し、聖歌を合唱します。
 神父の納棺の言葉につづいて、遺体は棺に納め、遺体の手は組み合せ、手には十字架やロザリオ(十字架のついた数珠といえるもので、聖母マリアヘの祈りのために使うもの)を握らせ、たくさんの花で回りを囲んで飾ります。
 遺体をいれた棺は黒い布で覆い、台の上に安置し、棺の上に十字架をのせます。
 プロテスタントの場合、牧師が祈りを捧げた後、遺族の手で遺体を棺に納め、遺体に白い布をかぶせ、まわりを白い花で飾り、ふたをして黒い布で覆い、前夜式の行われる部屋に安置します。
 棺の枕もとには小机を置き、黒または白の布で覆い、その上に遺影を立て、白い花で飾ります。遺族一同が席についたところで、賛美歌合唱、聖書朗読、祈り、牧師の納棺の辞があり、再び賛美歌合唱、祈りと続いて納棺式を終わります。
 なお、宗派によって式次第は少しすつ違うことがありますが、喪家の者一同は、信徒でない場合でも、いっしょに祈りをささげ、聖歌を合唱します。
 告別式が完全に終わると、遺族や親戚は棺のふたをあけて、遺体に最後の別れをします。
 別れを終えると仏式の儀式として、釘打ちがあります。棺のふたの釘を遺族が小石で一打ちずつ、頭のほうから順々に打ちます。小石は三途の川石を意味した儀礼的なものです。最後に葬儀屋が完全に打ちつけます。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク