臨終に際して

 医師から臨終を告げられたら、まず、末期の水を与えます。本来は、死に直面した病人ののどの渇きをいやして楽にするためのものでしたから、死の直前に行うべきものなのですが、最近は儀式化して、死の直後に行うことが多いようです。
 新しい筆の穂か、新しい割りばしの端に脱脂綿またはガーゼを巻いて白糸で結んだものを用意し、これに水を含ませ、遺体(病人)の唇を軽く潤してあげます。このときむりに唇の中に入れたりせず、上下どちらか一方の唇だけを温す程度にとどめるようにします。
 末期の水をとる順番は、故人と血のつながりの濃い順になります。最初は配偶者、つぎに子ども(年齢順)と続き、故人(病人)の両親、兄弟姉妹、孫、配偶者の両親、配偶者の兄弟姉妹、友人といった順に行います。また、末期の水をとっている間は、遺体(病人)の枕もとから、血縁の順に取り囲むように座り、全員が終わるまで見守ります。
 このあと、湯濯をし、さっぱりした着物に着替えさせ、枕直しをして終わります。
 一段落したところで、僧侶を呼んでお経をあげてもらいます。この時のお経を「枕経」といっています。
 神式の場合、臨終のさいの末期の水のとり方や湯潅などの遺体の処置は、仏式と同じです。
 遺体は殯室(出棺まで遺体を安置する部屋)に移し、北枕に仰向けに寝かせ、顔に白い布を掛けます。枕もとに白無地の屏風を立て、枕飾りをします。
 焼香はしませんが、遺族はそばで故人を囲んで安らかな死を祈ります。
 カトリックでは信者の臨終を前にして、司祭が病人の体に油を塗る儀式(終油の秘跡)を行います。
 司祭は病人の額、目、耳などに聖香油を塗りながら、その人がこれまでに犯した罪の許しを神に請う祈りを捧げます。したがって、病人の意識がはっきりしているうちに行いますし、本人が望めば、臨終間近でなく早いうちに済ましたり、聖体のパンを与えることもあります。
 息をひきとったら、遺体を清め、死に化粧をほどこし、さっぱりした故人の愛用の衣服に着替えさせますが、仕方は仏式の場合と同様です。
 顔を白布で覆い、まくらもとには十字架とろうそくを置きます。

スポンサーリンク

 湯濯とは、納棺前に遺体を清めることをいいます。
 以前は、たらいにまず水を入れ、あとがら湯を注いだ「さかさ湯」にしたもので清めましたので、この名があるわけです。
 現在では、アルコールを湿らした脱脂綿で拭くのが普通です。また、体内の老廃物が口や鼻などから出てこないように咽喉や鼻孔、肛門などに脱脂綿を詰めます。目は手で上まぶたをそっとなでて閉じ、口は下あごを持ち上げるようにして、しばらく支えてやると閉じます。このようにして死者の顔を少しでもおだやかな表情にしてあげます。
 これらの処置は病院で死亡した場合は、医者や看護婦さんがしてくれますし、自宅での場合は葬儀社の方で手順よくやってくれますが、まかせきりにせず、死者に対する遺族の思いやりとして家族の人も手を添えて、せめて顔や手足などは拭いてあげたいものです。
 遺体を清めたら死に化粧を施します。男性ならひげをそり、頭髪を整えます。女性は髪の手入れをし、うすく口紅、ほお紅をさして、少しでもおだやかな表情にしてあげましょう。病み疲れて、ほおがこけているようなときは、ふくみ綿をします。異臭を消すために、香水をふりかけるのもよいでしょう。
 死者への思いやりをこめて、美しく死に顔(デスマスク)を整えてあげたいものです。
 ただ、地方によっては、こうした死に化粧を忌み嫌うところもありますから気をつけましょう。
 また、遺体の保存のためにドライアイスを使用しますが、これも二日間程度なので、葬儀の日取りがそれ以上延びるときは、医師や葬儀社にその旨を伝えて、なんらかの処置を依頼します。
 仏式では、昔からのしきたりにより、湯濯が終わったら死に装束として「経帷子」を着せることになっています。
 「経帷子」は白木綿の着物で、近親の女性たちの共同作業で仕立てます。はさみを使わず布地を裂いて裁ち、返し針をせず、かつ糸尻は止めないで、だけは普通の着物より短く縫うものとされています。これには特にその名の如く、み仏の名前や、尊いお経の語などが害かれています。死休にはこれを左前に着せて、やはり白木綿の帯を締めさせます。手足には白木綿製の手甲・脚絆をつけ、白足袋とわらぞうりを履かせ、棺の中に別に履き替え用のわらぞうりを添えます。胸には、三途の川の渡し賃として六文銭を入れた頭陀袋をかけ、手には数珠を持たせます。
 今日では、この習わしも形式だけのものとなり、死者が生前好んで着たものを左前に着せ、持ち物も手に数珠を持たせる程度にし、納棺のときに葬儀社の用意した紙製の「経帷子」を上からかけるだけで済ませる場合が多くなりました。
 よく、棺の中になんでも入れるところがありますが、とくに金属品などは、逆に火葬の際の障害になります。むしろ、いろいろなものを入れないように注意しなければなりません。しかし、近親者が生花を死者の顔を中心に入れ、花で飾り、お別れの意を込めることは差支えなく、尊いことでもあります。
 なお、神式の場合は、死に装束は経帷子ではなく、白い小袖(きもの)に、白足袋を履かせます。
 湯潅を終え、死装束を着せた遺体は、北枕に寝かせます。これを「枕直し」といって、釈尊御入滅のときの「頭北面西」の姿をかたどったものとされています。
 ところで、遺体を寝かせるふとんやシーツは、全部新しいものに取り替えるのが正式です。格式を重んじる地方では、上下白羽二重のふとんを使うところもあります。
 古いふとんを使う場合は、せめてカバーとシーツだけは、洗濯したての純白のものに取り替えましょう。
 掛けぶとんは薄いものを使って、遺体を暖めないようにします。顔は白布で覆い、両手を胸もとで組ませて合掌させます。仏式では合掌した手に数珠を持たせます。
 北枕に寝かせた遺体の枕元には逆さ屏風を立て(迷信であって、こういうことを一切しない地方もあります)、その前に白木の机または小机の上に白い布をかけたものを置いて小机の上には花の一輪ざし、香炉、燭台、水、一膳飯、だんごなどを供えます。これを「枕飾り」といいます。また、遺体の枕もとか胸のあたりに、守り刀(短刀やナイフなどでよい)を、刃を顔に向けないようにして置きます。
 枕飾りをしたら、僧侶を呼んで、死者の枕元で最初の読経をしてもらいます。これを「枕経」といいます。
 一膳飯は死者が日常使っていた茶わんにご飯を盛り上げ、同じく愛用していたはしを真ん中に垂直に突き立てます。だんごは米の粉をこねてゆであげ、白紙を敷いた白本の三方にのせて供えます。
 神式では仏式の場合と同じように、遺体を北枕に寝かせ、顔に白い布をかぶせます。枕元には白無地の屏風を立て(枕屏風)、遺体の横に案を置き、灯明をともし、常饌(生前好んだ食物)または洗米、塩、水を供えます。
 枕元には小案を置きそこに守り刀を遺体に刃を向けないようにして置きます。
 枕飾りをしたあとで、遺族や親しい人たちが、故人を囲んで安らかな死を祈ります。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク