葬式の意味するものと手続き

 葬儀は死者を安らかにあの世へ送り届けるための儀式であり、葬式または葬礼、葬祭、喪送あるいは、弔いなどともいいます。
 親戚や、故人と生前に親しかった知人、友人などが最後のお別れをする儀式であり、宗教や地方の慣習などによって式次第や作法などは異なりますが、基本的な考え方はみな同じです。
 死者に対してはあくまで尊厳を失うことがないよう最善の注意を払って儀式を行うことが必要です。そして形式ばかりにとらわれることなく、故人への惜別とその死を弔うという葬儀本来の心を忘れてはなりません。
 葬儀は、葬る方法によって次の四つに大別されます。

 土葬 - 死者を棺に納め、土中に埋葬する方法です。地方によってはこの方法が残されているところがありますが、現在ではほとんど火葬に替わりました。

 火葬 - 死者を焼いて、残った骨を集めて葬る方法です。仏教でダビ(荼毘)に付すといわれるもので、現在ではほとんどこの方法で行われています。

 水葬 - 航海中に死亡した場合などに死者を水中に葬る方法です。一部の漁村では、漁師が亡くなるとこの方法で葬儀が行われているようです。

 風葬 - 死者を野原や林などに捨て、風雨にさらすことによって自然に消滅させる方法です。平安時代以前、一般によく行われていた方法で、野に捨てる野葬、林の中に捨てる林葬、本の上に捨てる樹上葬などがあります。

 これらさまざまな葬儀の方法は、長い歳月を経て、いろいろその時代の風俗や習慣からでてきたものであり、いずれも死者を自然の中に返すという考え方では一致しているものと思います。
 現在日本で行われている葬儀は、宗教により仏式、神式、キリスト教式、無宗教式に大きく分けることができます。
 しかし、同じ宗教でも、宗派によってその方法は多少ちがっていますので、葬儀主催者や葬儀委員長は、僧侶、神官、牧師、神父などからあらかじめ教示を受けたり、葬儀社の助言を受けることが大切です。
 友人や知人の葬儀に参列する人は、その葬儀がどの形式で行うか分っていないと戸惑うことがありますので、あらかじめ式の主催者に聞いておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

 死亡した場合は、死亡してから七日以内に、死亡届に死亡診断書または死体検案書を添えて、死亡地の市区町村役場に提出しなければなりません。その際、死亡した土地が本籍地でないときは、同じものを二通提出します。一通は、本籍地へ送付されて死亡者の籍が抹消されます。
 死亡届を提出しないと、埋葬(火葬)許可証がもらえず、葬儀をしても火葬ができないということになります。
 火葬が終わると火葬許可証を返してくれますが、遺骨を埋める場合には、これが埋葬許可証となります。
 死亡診断書は、死亡届と同一用紙です。死亡が確認されたら、臨終に立ち会った医師に記入してもらいます。
 これも、本籍地でない役所に届け出る場合は二通必要ですが、実際は死亡届が死亡診断書を兼ねますので問題ありません。
 事故死や自殺、あるいは原因不明の変死の場合には、医師の診断書だけでは死亡届け受け付けてくれません。警察から検屍官が未て、事故死か自殺かなどの検屍が行われ、死体検案書が発行されますので、これを添えて、死亡届を出します。もしここで変死の疑いが出ると、解剖ということになり、すぐに葬儀を行うというわけにはいかなくなります。
 死亡届は、届出義務者が死亡の事実を知った日から七日以内にしなければなりません。届出義務者の順序は、同居の親族、その他の同居者、家主、地主または家屋もしくは土地の管理人となっています。同居者でない親族でも届出をする場合もあります。
 死亡者が、同居の親族がいない独り暮らしの場合は、アパートなどの家主や管理人または病院、老人ホーム等の公共施設の長が届出をします。
 人の不幸はいつ起こるかわかりません。これに備えて、どこの市町村役場でも、死亡届は、休日はもとより、平日の時間外でも宿直員が受け付けてくれますし、埋葬(火葬)許可証も発行してくれます。
 死亡診断書や死体検案書の用紙は、市区町村役場に備え付けられています。
 通夜、葬儀、告別式の日取りが決まりましたら、できるだけ早く、近親者や故人が生前に親交のあった人たちに死亡の通知をしなければなりません。故人の住所録、電話控え簿、年賀状などによって死亡通知を出しますが、その際には、故人の職場の人や友人にも協力をお願いするとよいでしょう。
 通知は、一般には、黒い枠で囲んだはがきを用いますが、封書にすると、一層ていねいです。しかし、葬儀と告別式の日が追っていれば、あまり形式にとらわれて式の日時に間に合わないといけませんから、電話や電報を利用したり、世話役に一任して連絡してもらうほうがよいでしょう。なお、電報で通知するのは、肉親や親戚あるいは故人と深いつながりのあった人ぐらいにとどめます。
 故人や喪主が交際範囲の広い人である場合には、新聞広告によって葬儀や告別式の日時を知らせるとよいでしょう。
 近所の人にも早く知らせることです。人の出入りが多くなることですし、また何かとお世話になるものです。
 身近な親戚や特に親しかった友人などには、早急に電報または電話で知らせます。
 なお、死亡直後の通知は、たとえ目上の人に対してでも電話でかまいません。
 電報で知らせる場合は、必ず、故人がだれであるか、死亡時刻、発信者名を入れます。
 電話の場合には、次のように知らせます。
 「父は今朝、六時に亡くなりました。明晩通夜、明後日午後一時から告別式の予定ですので、とりあえずお知らせします。
 「突然ですが、病気療養中でした母が、今朝五時三〇分に死去しました。明晩お通夜をいたします。葬儀の日は未定ですが、とりあえずお知らせいたします。」
 電話を受けた方では、「まことにおいたわしいことで、早速、お伺いいたします。」「突然で、なんと申し上げたらよいか、わかりませんが、お通夜には、お伺いさせていただきます。」
 というように答えます。通知する人はほかにも通知をしたりしなければならず、なにかとあわただしいため、連絡を受けた人は病気の経過や最後の様子などを詳しく聞いたりはせずに、なるべく短かく切るようにすることが大切です。
 一般の知人などへは、黒枠のついたはがきに死亡通知を印刷して出します。死亡した年月日と簡単な死因を書き、生前の厚情を謝します。次いで、葬儀と告別式の日時と場所を書き、喪主、家族、親戚総代、友人代表、葬儀委員長名を連名で書くのが一般的な形式とされております。また、新聞広告を出す場合も同じ様式で行います。
 葬儀のあと、弔問者や会葬者に対して、礼状を出します。最近は略式にして、あらかじめ礼状を印刷しておき、会葬者が帰るときに手渡すことが多くなっています。様式もだいたい決まっています。死亡通知を印刷する際に、同時に手配しておくとよいでしょう。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク