葬式の準備はどうするか

 葬儀の準備といっても、葬儀方法により異なってきます。ここでは一般的に留意すべき項目をあげておきましょう。
 何をさておいても近親者に通知し集まってもらいます。親戚同様の付き合いをしている知人や近隣の人にも連絡して、儀式についての細かい打ち合せをする必要があります。
 喪主には法律上の相続人がなるのがふつうです。喪主は遺族の代表ということで、昔は一家の主人が亡くなると長男がなり、長男がいない、若しくは都合の悪いとき順次、次男、三男、娘という順に喪主となるべき者を決め、子どもがいない場合のみ妻が喪主になりました。現在では、夫が死亡した場合は、妻が喪主になるのが一般的になってきております。
 ただ、一般に混同され易いことなのですが、この際喪主とは、葬儀の主人役であって次の項にいう葬儀の執行人(世話役)とは明らかに区別されることを知っていてください。
 世話役は、葬儀委員ともいいます。喪主をけじめ遺族の人たちは突然の不幸ですべての儀式をとどこおりなくとり行うことはとてもできるものではありません。そこで経験のある人や親しい方にお願いして世話役になっていただき、さらに世話役を助ける方も数人お願いします。受付係、進行係、会計係、接待係、配車係、会場係などいろいろ事務分担がありますので、合理的に役割を決めてください。
 とくに、故人と生前交際をもたれた方々への連絡は、とかく手落ちがあって、後で困ることもありますので、この係にあたった人は充分に注意する必要があります。

スポンサーリンク

 葬儀には、仏式、神式、キリスト教式、無宗教式などいろいろな方式がありますが、親族が集まって故人の意思を尊重した上でその方式を決めます。決定しましたら、ただちに僧侶、神官、司祭などに連絡してその段どりを相談してください。
 ちかごろでは、死体のいたみやすい時期は別として、死亡の翌日が通夜、その翌日が葬儀・送棺(火葬)という形式が多くなっています。故人と関係の深い人が遠方にある場合は別な考えが必要です。
 迷信を気にすることはことさらありませんが、習慣として友引の日をさける場合が多いようです。
 火葬場や霊柩車の都合も考慮にいれて決めてください。
 団地やアパートなどでは、寺や教会、集会所を借りることになります。一般の自宅でする場合は、家の広さ、地理的条件、会葬者の人数などいろいろ制約を考えて決めます。
 葬儀には食事や飲物などいろいろ細かな出費がありますので、葬儀費用とは別にして、不慮の出費に備えてある程度の現金を調えておき、世話役と相談しながら安心してまかせられる人にお願いするとよいでしょう。
 故人の住所録や年賀状などをたよりに職場の人や友人に連絡します。急を要することなので、できることでしたらはがきでするより電話や電報で連絡するのが早くて便利です。社会的地位のある人などの場合は新聞紙上に掲載する場合もあります。
 葬儀の執行にあたって次のようなことを処理してゆくのですが、これには、専門職である葬儀社に相談すると便利です。
 具体的にいえば、読経の依頼、祭壇式場の飾り付け、霊柩車・車の手配、式場紹介、いす、テント、料理、写真の用意、通知状、挨拶状の印刷発送、供物などですが、これらを手際よく進めるには葬儀社と予算に合わせて交渉するとよいでしょう。
 最近は都会のみならず、地方や農村でも、葬儀社や、互助会、農協などが手広く行っていますので、相談に応じてくれることでしょう。
 死亡届を出さないと埋葬(火葬)許可証がもらえません。埋葬許可証がないと墓地に納骨することができませんので区役所や市町村役場に死亡届を提出して早急に手続きをしてください。
 祭壇にはいろいろな形式があり、値段も相当に開きがあります。故人の社会的地位や部屋の広さ、予算に合わせて相応なものを飾ります。
 納棺する場合の死に出の装束は、昔は近親者の女性が集まって、縫って着せたものです。現在では、葬儀社に用意されているものを用いたり、故人の愛用していた衣服を着せたりするのが多いようですが、これは、宗派により、また地方によって、さまざまなようです。
 なお、戒名は納棺するまでにもらっておきます。
 玄関先に、すだれを裏返したものに半紙に「忌中」と墨で書いた黒わくつきの札を貼りつけますが、アパートなどすだれのかけにくい住宅では扉に貼りつけても差し支えありません。なお、地方によっては「忌中」礼を作って門前に立てるところもあるようです。
 また、神棚のある家では、神棚の前面に白紙を貼っておきます。
 焼香の順番は、他の親族や会葬者がみても不自然のないように取り決めておくことが大切ですし、司会者と焼香者の名前の呼びかたを確認しておくことも必要と思われます。
 不幸を問いてその日に弔問に来てくれる人もいますが、遺族は特別の接待をする必要はありません。お茶程度でお礼をのべればよいと思います。なお、お手伝いを申し出る方には遠慮なくお願いをすればよいし、その必要がない場合は、丁重にお断りします。
 電話による問合せ、弔問者に対する応対や記帳、葬儀以後に行うお礼の挨拶状の手配などいろいろ細かい事務が山積しています。
 世話役を決めるのと同様にこれらの事務処理を円滑に行うようきちんと決めておきましょう。
 戒名は、真宗では法名、日蓮宗では法号と呼ばれています。
 戒名は仏の弟子としての名前なので、本来は平等なはずですが、実際には、院殿号から信士(信女)までの格差があり、戒名料もそれぞれ異なります。そのうち、院殿号は、昔なら天皇、皇后、大名やその夫人などにかぎられたものでしたが、現代では寺の興隆に貢献した人、または社会につくした人などにつけられることになっています。
 院号は、院殿号につぐ位です。昔なら奉行とか役付きの侍、その夫人などに授けられた号でしたが、現在では院殿号と同じ取り扱いになっています。
 居士(大姉)及び信士(信女)は、一般庶民に授けられた名称です。
 童子(童女)は、子供の戒名(法名)です。
 孩子(孩女)は、赤ちゃんがなくなった場合につけられます。
 葬儀に必要な部屋として、祭壇をしつらえる部屋、通夜ぶるまいの部屋、弔問客の控えの部屋など、葬儀には多くの部屋が必要ですが現代の住宅事情では、確保が困難です。そこで部屋を兼ねて使うとか、台所に世話人の机を置くとかくふうすることが必要になります。
 条件をよく考えて限られた空間を有効に使いましょう。場合によっては、弔問客の控え室などは隣近所の家を利用させてもらうこともあります。室内は、派手な装飾品などがあればとりかたづけておきます。ポスター類ははずし、とりはずしができない額には白紙を貼って、弔問客の目に触れないようにします。
 台所は、もっとも混雑する場です。湯茶などの接待が手ぎわよくできるように整頓しておきます。必要な食器類のチェックも早めにすませ、たりないものは借りる手配をしなければなりません。
 多人数の食事を用意することになりますので、室外用のかまど類も用意すると便利です。
 通夜ふるまいではビールやジュースの飲み物類も必要ですので冷蔵庫の中はできるだけ有効に使えるように整理しておきましょう。
 洗面所・トイレは、場所がすぐにわかるように廊下に矢印などの貼り紙を貼っておきます。多数の人が利用しますから、つねに清潔にしておくことが大切です。トイレットペーパーなども忘れずに備えつけるようにし、予備を何本か置いておくとよいでしょう。
 葬儀は隣近所や自治会の協力がないとスムーズに進まないことがあります。
 隣近所では、食器を借りたり、台所のお手伝いをお願いするだけでなく、道路に花輪を飾ったり、会葬者が多く出入りするなどなにかと迷惑をかけるものです。葬儀をいとなむ場合は、隣近所へあいさつに回ることが大切です。弔問客のほとんどは、葬家へ来るのは始めてですので、道に迷ったりしないように葬家を中心とした要所要所に道順標示を立てたり貼ったりしておきます。標示用の紙は葬儀社が用意してくれますが、これには通夜、告別式の日時を必ず書き入れます。雨の日はビニールに包んでぬれないようにします。祭壇をしつらえる部屋は、広さや弔問客の流れなど考えて決めます。
 祭壇そのものは葬儀社が組み立ててくれますので、家族の者は余分な家具類を別の場所に移すなどして、室内を整理し、きれいに掃除しておきます。葬送行進を行う場合や路上にテントを設けたり、花輪を飾ったり、弔問客の車加並んだりするおそれがある場合は、警察に許可を得なければなりません。会葬参加多く交通整理が必要な場合も同様です。
 交通整理の警官が出動してくれるような場合には、その警官には弁当を配ったり、終了後は挨拶に行くようにします。
 この道路使用許可申請は、規則で三日前に行うことが義務づけられていますが、場合が場合ですから当日申請でも受け付けてくれます。
 駐車禁止区域内の駐車は理由のいかんによらず認めてもらえませんので駐車場を借りるか、近所の空地を頼んで利用させてもらいます。
 駐車場の確保がむずかしい場合はあらかじめ弔問客に告げておくとよいでしょう。
 申請は所轄の警察署の交通課にします。
 受付は、弔問客の目につきやすいところで、かつ、じゃまにならない場所を選んで置きます。玄関先に置ぐのが一般的のようですが、狭ければ表にテントを張って設けます。テントや机などは葬儀社が貸してくれます。
 受付には名刺受用の盆と香典受用の盆、それに弔問者記帳簿・香典記入帳などをそろえます。

冠婚葬祭
葬式の準備はどうするか/ 葬式の意味するものと手続き/ 臨終に際して/ 納棺の仕方/ 祭壇の飾り方/ 通夜の仕方/ 弔問の仕方/ 供物と香典の供え方/ 葬儀の進め方/ キリスト教の葬儀の進め方/ 告別式の進め方/ 弔辞・弔電披露の仕方/ 親族代表・葬儀委員長の挨拶の仕方/ 火葬と埋葬の仕方/ お礼と挨拶回り/ 遺言書を見つけたときの手続き/ 忌日と忌明けの法要の仕方/ 年忌の法要の仕方/ 法要に出席するときの服装と御供物/ 墓はいつごろ建てるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク