厄祝いと快気祝いの仕方

 人間の厄というのは、古代から陰陽道による吉、凶の占いから出たものといわれています。
 古く平安朝の時代には主として公家や宗教の社会で盛んに使われていたものが、時代とともに一般化して広く行われるようになったものです。
 厄年に当たる人は神仏に祈って厄難を祓い落したり、大晦日や節分の夜などに厄年に当たる人の家から頼まれて、厄払いしましょうと厄難を祓う詞を唱えながら家々を回り、銭をもらって厄を負うといったような色々な行事が古くから行われてきました。
 厄年といわれるのは、身体上の構造のうえからもいろいろな災いが起きやすいとされる年齢で、男性の場合は数え年の二十五歳、四十二歳、六十一歳。女性の場合は十九歳、三十三歳、三十七歳とされています。
 男性の場合は特に四十二歳は。しにで、死に通じるということから大厄とされ、その前後の四十一歳、四十三歳を前厄、後厄といって特に身体に気をつけると同時に厄祝いや厄除けなどの行事を行います。
 また、女性の場合も三十三歳が。さんざんに通じるとして女の大厄とされ前後の年令を前厄、後厄といっています。
 厄年に当たった人は厄祝いあるいは厄落しといっていろいろな行事が各地に現在でも残っています。
 多くの人に厄を分け負ってもらうという趣旨から、大勢の人を招待して祝宴を開き散財することによって厄を払うという習慣や、厄祝いといって品物や赤飯などを近所や身内の人々に配って厄を払うといったようなことが普通のようです。
 このような厄祝いに招待された場合には、縁起物として魔よけとなるといわれる、うろこ模様のついた身の回り品や祝いの品物に紅白蝶結びの水引をかけ。お祝の表書きをして贈るというのがしきたりです。
 また、厄落しとして、霊験のある神社でお祓いをしてもらい、お札やお守りなどをいただいて身につけるのが一般的のようです。

スポンサーリンク

 病気やケガなどのため長く病床にあった人が、退院したり、全快したときにする祝いを「快気祝い」あるいは「床上げ」などといいます。病気が全快した喜びをそれまで心配や世話をかけた人びとに示す意味で行うお祝いですから、本人の意向とともに健康状態が第一といえましょう。
 まだ自宅での静養が必要な場合とか、一応全快したもののしばらく様子を見たほうがよいというようなときは、無理に行わなくても失礼にはなりません。
 なんといっても、病後のことですから家族を中心に、ごく親しい友人や身内に限って招待するのがよいでしょう。普通は全快した本人でなく、家族や友人、親戚など周囲の人が祝ってあげます。
 また、病中や入院中にお見舞いや世話になった人々には、まず全快の通知を出しましょう。連絡をと思っているうちに日数が過ぎ、退院や全快を知らないで、見舞いに来られるような失礼のないよう快気祝いの招待状は早めに出しましょう。
 お祝いに招待するのは床上げをして一週間か二週間ぐらいしてからがよいでしょう。子どもの場合は特に長期間学校を休んだようなときには、クラスの友人とか、近所の友だちを招いてお祝いを兼ねたパーティーなどを開いてやるのも子どもどうしの交流のためにはよいでしょう。
 長期にわたって入院した場合には、入院中にお世話になった医師や看護婦、付添婦さんなどにも相応のお礼をするのが一般のならわしのようです。
 病院によっては、このような形式のお礼は一切受けないところもありますが、病気の重さとか、紹介者の有無によっても違いますので、特に紹介者の有る場合お礼についてはよく尋ねておくとよいでしょう。
 以前には赤飯や紅白の餅、せっけんなどが用いられてきました。これは「後に残らない」といった縁起によるものですが、最近ではタオルとか靴下、ハンカチなどが多いようです。
 金額は半返しといって見舞品の半額程度が普通です。本来は持参すべきものですが、送り先が多い場合などはデパートから直後贈ってもよいでしょう。そのときは必ず全快の報告を別に出します。
 また、お祝いの品物には「快気祝い」あるいは「内祝い」と表書して紅白の水引を「結び切り」とします。
 私たちは、肉親はもとより、親戚や親しい友人、知人の間に、めでたいことが起こったときには、あるいは口頭で、あるいは手紙などで祝意を述べ、ときには金品を贈って祝意を表します。
 従来は贈りものをいただいたら必ずお返しをするのが一般的な常識とされていましたが、何がなんでもお返しをしなければと無理をして、身分不相応なお返しをしたり、相手が心からの贈りものをしてくれたのに、儀礼的な型にはまったもので返したりするなどは、贈り手の心に反した心ないやり方ともいえ、現代にマッチした考えとはいえないでしょう。
 しかし、冠婚葬祭の贈答は、地方によっては、贈るほうも受け取るほうもお返しを当然のこととして考えていることもありますから、自分だけの思想や都合で、いちがいに無視できないこともありますので、その時に応じて対処していくように心掛けましょう。
 お返しの程度は、一般に、慶事の場合は、贈られたものの金額に相当するものを返すという考え方ですが、これも相手と自分の関係や事情によって、いちがいにいえないことです。
 とくに目上の人からの贈りものに対しては、先方もお返しを期待してはいませんから、特に高価なものでなくても心からの感謝の気持ちを伝える程度のもので十分といえます。お返しは、目上に薄く、目下に厚くを原則と考えてよいでしょう。
 お返しの時期は、受け取った日から十日から二週間くらいのあいだが目安です。ただし結婚式のお返しは、披露宴に招待したときは引き出ものですませるので、特別なお返しは必要ありませんし、誕生・賀寿の祝いなども招待でお返しにかえることもあります。
 直接贈られた場合も郵送された場合も、すぐお返しの品を送るよりも、とりあえずお礼の手紙を出しておき、そのあと考えてもおそくはありません。
 中元や歳暮については、お礼を述べるだけでお返しはあまりしませんが、どうしてもしなければならないときは、時期をずらして時候の見舞いの形に変えて贈ってもよいし、相手の祝いごとのあるときに贈るようにしても失礼にはなりません。
 お返しをしなくていい場合は、火事や災害見舞い、入学・卒業祝い、栄転祝い、誕生祝い、世話をしてあげた人からのお礼などの場合です。また結婚や出産、弔事などでも、会社や団体、組合などからのものには、お返しする必要はありません。
 ただしこの場合も、もらいっぱなしではなく、お礼の手紙やはがきで感謝の気持ちを伝えることは忘れないようにします。また、誕生日に招いたり、入学・卒業・就職祝いをいただいた方に本人があいさつに出向くのもよいことです。
 内祝いは、内々のお祝いの意味と、自分で自分のことを祝うという意味を兼ねています。もともと、内祝いの趣旨は自分の慶事を、ほかの人にもともに喜んでいただこうというものです。
 ですから快気祝いの場合、病床中にお見舞いを受けたか否かは問題ではなく、自発的な気持ちで「配る」という性格のものです。
 ちなみに内祝いを贈る範囲は親戚やごく親しい間がらの人に贈るのが一般です。

冠婚葬祭
帯祝いはどうするか/ 命名の仕方/ 出産祝いの仕方/ 初宮参りの仕方/ お食い初めの仕方と初節句/ 初誕生の祝い方/ 七五三のお祝いは/ 入園・入学の祝い方/ 高校・大学入学の祝い方/ 卒業・就職の祝い方/ 成人祝いの仕方/ 長寿祝いはどう祝うか/ パーティーの開き方/ 発表会の祝い方/ 栄転祝いの仕方/ 受賞祝いの仕方/ 地鎮祭の仕方/ 上棟式の仕方/ 厄祝いと快気祝いの仕方/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク