長寿祝いはどう祝うか

 長寿の祝いは「年祝」ともいわれ、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼で、日本古来からのしきたりが今日まで伝えられているものです。
 長寿の祝いは、奈良時代に中国の風習を取り入れたもので、初めは、数え年四十歳以降、十年ごとに「四十の賀」「五十の賀」「六十の賀」などと呼んで祝っていましたが、室町時代の末期頃から現在のように還暦、古稀、喜寿などと祝うようになりました。
 還暦は、六十一年目に本卦がえりといって、生まれたときの干支にかえるところから、数え年で六十一歳のときに祝いをする風習が始まりました。
 以前は、赤いちやんちやんこや頭巾などを贈ったものですが、これは「生まれた年にもどる、赤ちやんにかえる」という意味です。
 古稀は、七十歳の祝いです。唐の詩人柱甫の作「曲江の詩」の「人生七十古来稀」にちなんだものといわれ、平均寿命の短かった昔には、文字どおり七十歳まで生きる人は稀だったわけです。
 喜寿は、喜の字の祝いともいわれます。
 傘寿は、傘の略字が今であるところから八十歳の長寿の祝いです。
 米寿は、八十八を組み合わせると米の字になるところから、八十八歳の長寿を祝います。
 卒寿は、卒の草書体が九十と読めるところからきた、九十歳の祝いです。
 白寿は、「白」に一を加えると「百」の字になるところからきた、九十九歳の祝いです。あと一年、さらに長寿をと願いをこめて祝います。
 長寿の祝いは、昔は数え年で行いましたが、現在では、満年齢で祝う人が多くなってきました。

スポンサーリンク

 最近では、平均寿命が延び還暦、古稀などは、長寿のうちには入らないと考える傾向にあります。本人も老人扱いしないでほしいと思っているかもしれません。本人の意志を無視して祝ってあげると、せっかくのお祝いが「まだまだ若いものには負けない」と張り切っている気持に水をさすことになってしまうかもしれません。
 実際、六十歳といえば、まだまだ働きざかりでそんな祝いは不要だと思うのでしょう。そうした元気さは尊重したいものです。
 昔は、還暦や古稀に達すると、その年に達した人が、餅をつかせて親戚や知人に配り、子どもや孫を集めて宴を開いたものですが、最近では逆に知人や親戚などが発起人となって宴を催し、祝意を表わすということが多くなってきたようです。
 本人が主催して祝賀会を開くときの日取りは誕生日がふさわしいのですが、来ていただく方たちの都合を考えて、休日などにする場合は、誕生日を過ぎてから適当な日を選びます。場所は、予算と招きたい人たちの人数、足の使などを考え、自宅で開いても、ホテルやレストランに場所を借りてもよいでしょう。
 当日は会場の入口で、本人とその配偶者や子どもなどが招待客を出迎え、家族の中の若い人が席に案内するようにします。
 客が着席したら、本人夫妻が末席について挨拶をします。
 終わりの挨拶は本人がしますが、長男などが親に代わってお礼と今後の変わらぬ厚誼をお願いしてもよいでしょう。
 子どもたちが主催する内輪だけの会は、子どもたちが親の長寿を祝うという形ですが、身内中心の祝宴なら、取り立てて面倒な形式はとらずに、みんなの都合のよい日に集まって、食事でもしながら歓談するという程度でよく、場所や形式などは、本人の好みや体力、そして主催する側の予算で決めればよいことです。
 参加するのは子どもや孫ばかりでなく、本人の兄弟たちへも呼びかけるとよいでしょう。年をとっても親子の間ではなにかと交渉があるものですが、遠く離れている兄弟などは、なかなか会う機会もないものです。こんな機会に、一堂に会して楽しかったこと、苦しかったことなどさまざまな思い出話や、近況報告などよもやま話に花を咲かせるのも、お互いに楽しいものです。
 第三者が主催する祝いの会は、会費制の結婚式などと同じように、友人、弟子、教え子など関係者の中から二、三人が発起人となり、会のあり方を検討して決め、関係者に参加を呼びかけ、出席者が会費を出し合って、本人とその配偶者を主客として招待するという形式です。どういう範囲の人たちに参加を求めるかについては、本人の希望を開いて決めるとよいでしょう。
 祝宴は、祝辞を二、三人がのべたのち、参会者が若いころのエピソードを語りついだり、お孫さんから花束の贈呈を行ったりして、いろいろと趣向をこらすことができるでしょう。
 ただ、主客がお年寄りである点を忘れず、飲食物の内容や時間が長びいたりしないように注意したいものです。お年寄が疲れを残さぬよう、ほどはどのところで祝宴を切り上げてあげるのも心づかいの一つです。
 ところで、祝宴に招かれた場合の服装は、本人が主催する会でも、周囲の人が開く会でも、その会の規模と場所、そして会の形式に合わせます。
 自宅で身内中心に行われる場合は、外出着程度でよく、ホテル、レストラン、料亭などで開かれる場合は、男性ならダークスーツ、女性ならドレッシーなドレスか、無地か小紋のきものに紋付きの羽織など、略礼装です。
 会費制の祝宴に招かれた場合は、だいたい会費の中に記念品代が含まれているので、別途に贈り物をする必要はないともいえますが、普通は何か記念になる品を贈りたいものです。
 元気な人には、なるべく年よりくさくない品を贈ることもマナーの一つです。やや若向きの品を選ぶようにするとよいでしょう。また健康の様子によっては老人向きの品や病人向きの品が、隠居していて経済的ゆとりがないと思えるなら、実用品あるいは現金が喜ばれます。
 ごく一般的な品には、ジャケット、セーター、電動マッサージ、足温器、ステッキ、ロッキングチェア、ひざ掛け、釣ざお、碁盤、盆栽、アベック旅行券などがあります。
 このような贈り物をいただき、長寿を祝ってくれた方々に対してのお返しは不要ですが、内祝として記念品を贈るとよいでしょう。これは、いただいた人が長寿にあやかるようにという意味で贈るのです。
 赤飯や紅白の餅を用いることもありますが長く残る記念品として、茶わん、ぐい飲みなどの手作りの工芸品とか、自筆の書画「米」「喜」などと染めぬいたりした品だと一層の記念となるでしょう。決して高価なものは必要ありません。

冠婚葬祭
帯祝いはどうするか/ 命名の仕方/ 出産祝いの仕方/ 初宮参りの仕方/ お食い初めの仕方と初節句/ 初誕生の祝い方/ 七五三のお祝いは/ 入園・入学の祝い方/ 高校・大学入学の祝い方/ 卒業・就職の祝い方/ 成人祝いの仕方/ 長寿祝いはどう祝うか/ パーティーの開き方/ 発表会の祝い方/ 栄転祝いの仕方/ 受賞祝いの仕方/ 地鎮祭の仕方/ 上棟式の仕方/ 厄祝いと快気祝いの仕方/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク