七五三のお祝いは

 十一月十五日は「七五三」の祝いの日とされています。これはこの年、数え年三歳と五歳の男児、三歳と七歳の女児がお宮参りして、氏神さまにすこやかに成長したことを感謝し、これからの幸福を祈願するお祝いの行事です。
 昔は三歳までは、子どもは神からの授かりもの、神の子であるといわれていました。それが江戸時代になってから、武士の家では数え年三歳になると「髪置の祝い」といって髪をのばす儀式を行い、男児は五歳または七歳になると「袴着の祝い」をして男の衣服をつけ、女児は七歳で「帯祝い」をして、つけ紐を取って本式の帯を締めました。これが七五三のはじまりです。
 昔はきまった日ではなく、十一月の吉日を選んで行っていましたが、江戸時代に五代将軍綱吉の子徳松の祝いが十五日に行われてからこの日に祝うようになりました。
 今日では、全国的に広まっている行事です。地方によっては男女の別なく、三、五、七歳を祝うところもあり、五歳の男児、三、七歳の女児を祝うところもありますが、一般的に、三、五歳の男児、三、七歳の女児を祝うのが多いようです。

スポンサーリンク

 七五三の当日の服装として一応、昔からの正式な祝い着を述べますと、男児は紋つき、のしめ模様または色無地紋つき羽二重の着物に、そろいの羽織で、これに袴をつけます。女児は、友禅模様の着物に結び帯が普通です。三歳の女児の場合、被布を着せることもあります。この場合、帯は兵児帯を結びます。
 いずれにしても、紋つき袴や振り袖を着せなければならないことはありません。とかくこのごろは子どもの健康を感謝する本来の趣旨が忘れられて、子どもをおもちゃのように装って満足している母親をみかけますが、本来は母親が真心をこめてミシンを踏んでつくった子どもらしい服装などの方が、この日の祝いにふさわしいものといえます。年々、このような行事が派手になっていく傾向にあるのは一考を要します。
 もし、衣装をこの機会に求めるのでしたら、七五三が済んだ後も外出着として用いられるような、着やすく動きやすい子どもらしいものを用意するとよいでしょう。
 気取らないこざっぱりした外出着でお宮参りをし、夜は家族そろって楽しい祝膳につくのが、健全な七五三のお祝いではないでしょうか。
 付き添うお母さんが、まるで主役のように着飾っている姿を、しばしば見受けますが、あまり感じのよいものではありません。子どもの健やかな成長を神前に祈る心をこめて、色無地か、つけ下げ小紋程度がふさわしいでしょう。子どもの服装と格を揃えることも必要で、子どもがちょっとした外出着程度なら、小紋や御召などのおしゃれ着でも結構です。洋服なら品のよいスーツやアンサンブルなどがよいでしょう。
 お参りは、近所の氏神さまに行くのがこれまでのしきたりです。
 日頃お参りしている神社がなければ、誕生した土地の神社や、お宮参りをした神社、また、近辺地域の有名な神社、あるいは由来や御神体をしらべて自分たちに合った神社を選んでお参りするとよいでしょう。
 参拝は、親子だけで済ませてもかまいませんが、ていねいにするなら、神官にお祓いをしてもらうことができます。その場合「初穂料」がいりますが、大きい神社で事務的に支払うところは別として、その他の神社では、白い封筒かのし袋に入れて納めるようにします。
 なお、ほかに信仰する宗教がある人や、若い両親のなかには、なにも神社にお参りしなくても、という考えの人も多いと思います。そうした場合は、それぞれのしきたりや考え方で行ってよいのです。
 たとえば、子どもの成長記念という意味で、写真を撮って、家族で祝い膳を囲むということでも、その目的は果たされます。
 七五三のお祝いは肉親や近い親類を中心に祝うものですから、他人があまり大げさにする必要はありません。ですから、知人や隣近所に七五三のお祝いをする子どもがいるならば、日頃のおつき合いの程度に従って、お祝いの品を贈るようにしますが、無理に整えなければならないものでもありません。
 親しい間柄なら、あらかじめ相談して、晴着に必要な小物類(リボン、扇子、ぞうりなど)を贈るのもよいでしょう。また、絵本、おもちや、デコレーションケーキなども喜ばれるでしょう。
 なお、贈る時期は、晴れ着とそれの付属品については十月なかば過ぎには届くように贈りますが、その他の品物の場合は、当日かその二、三日前までに届ければよいでしょう。
 七五三のお祝いを受け取った場合には、近くの人であれば、子どもを連れて、千歳飴や赤飯を持ってお礼に伺うようにします。遠方の場合には、当日の晴れ着姿をカラー写真などに撮って送ると、喜ばれるでしょう。また、祖父母や親しい親戚の方は、自宅に招いて祝いの膳でもてなし、お礼に代えるのもよいでしょう。この場合の献立ては、子どもの祝い事なので、あまり大人中心にならないように気をつけましょう。
 お返しの時期は、十一月十五日が過ぎてから月末までにすませます。表書きは内祝とします。

冠婚葬祭
帯祝いはどうするか/ 命名の仕方/ 出産祝いの仕方/ 初宮参りの仕方/ お食い初めの仕方と初節句/ 初誕生の祝い方/ 七五三のお祝いは/ 入園・入学の祝い方/ 高校・大学入学の祝い方/ 卒業・就職の祝い方/ 成人祝いの仕方/ 長寿祝いはどう祝うか/ パーティーの開き方/ 発表会の祝い方/ 栄転祝いの仕方/ 受賞祝いの仕方/ 地鎮祭の仕方/ 上棟式の仕方/ 厄祝いと快気祝いの仕方/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク