お食い初めの仕方と初節句

 お食い初めとは、赤ちゃんに初めてご飯を食べさせる儀式で、箸初め、箸揃え、箸立て、真魚はじめ、魚味の祝いなどの内祝いをいいます。これは、赤ちゃんが「一生食べ物に困らないように」という願いをこめて祝うものです。
 「お食い初め」を昔は、五十日日に「五十日」とか、「五十日の賀」といって、餅をついて祝いましたが、いまは生後百日目か百二十日目に行うのがふつうです。
 お食い初めの祝い膳は、昔からのしきたりどおりにすると、一汁三菜の本膳料理で、ご飯を山盛りにして、その上に小さく丸めた握りめしを二つか三つのせます。汁の実には鯛か鯉を、焼き物には金頭(ホウボウ科の魚でめでたいときに使う)と決まっており、これらを、赤ちゃんに食べさせるまねをする儀式がお食い初めです。箸は柳の白木、椀皿は土器です。これらはすべて新しいものをととのえます。現在では、デパートに、お食い初め用として一セットになったものがありますが、形式にこだわらなければ幼児用のランチ皿などに、赤ちゃん用の離乳食を盛り、ご飯茶わんに赤飯をつけ、別に尾頭付きの鯛などを添えるなどします。また、乳幼児用スプーン、フォークに、子供の名前を入れてこの日から使いはじめてもよいでしょう。そして、家族も祝いの膳をつくり、祝うようにします。
 お食い初めの儀式は、介添役に近親者の中から長寿の人を選んで頼むか、父親が行います。
 介添役は赤ちゃんをひざにのせ、飯、汁、飯、魚、飯、汁の順で形式的に三回赤ちゃんの口につけて箸をおきます。
 赤ちゃんの出産後の行事として「色直し」が行われますが、これは、生まれてから百日間白の産着を着せていたものを、百一日目に、色物の晴れ着を作って着せ替えさせることをいいます。最近では色直しは、お食い初めといっしょにするようになり、この時期を育児のひと区切りとしてお祝をすることも意義があることと思います。

スポンサーリンク

 生まれた子どもが初めて迎える節句を、その赤ちゃんにとっての「初節句」または「初雛(三月)」「初幟(五月)」といって、家族だけでなく、親戚や親しい知友なども贈り物を贈り、お祝いの気持を表わすしきたりです。
 男児は五月五日の端午の節句、女児は三月三日の桃の節句が初節句にあたります。
 ただし、生まれて間もなく初節句という場合には、他にいろいろな行事もあるので、翌年に延ばした方が落ち着いて祝うことができます。だいたい、生後二か月前後の時は、翌年に延ばしますから、贈り物をする側も、この点を相手に問い合わせてからするとよいでしょう。
 女児の初節句には、母親の実家から内裏雛を贈るしきたりがあります。これらは、現在でもかなり行われていて、なかには、段飾りといわれる、三人官女や五人ばやしなども含まれたひな人形一式を贈るケースも見られます。ただ、この場合、たいへんな出費となるので、初節句では内裏雛、二年目には三人官女などというように計画的に数年に分けて贈るというのも一つの方法であると考えてもよいでしょう。また、昔とは生活様式や住宅事情が変わってきていることから、伝統的な雛飾りではなく、場所をとらないガラスケース入りの団地雛や、内裏雛だけを贈るのもよいでしょう。現在は、この内裏雛だけを飾る家が増えてきています。
 初節句を、迎えるのが次女、三女で、すでに雛人形一式がそろっている場合は、それを女の子ぜんぶの共有とし、初節句を迎える次女または、三女の分としては、潮汲みなどの人形を贈り雛壇に飾る例が多いようです。また必ずしも雛人形にこだわらず.京人形やフランス人形といった雛人形以外の人形を贈るとか、現金を贈るというのもよいでしょう。
 男児の初節句には、特別に親戚、知友から何かを贈るというしきたりはありません。母親の実家から、主となるものを贈っています。贈るものとしては、鯉のぼりや武者人形を、次男以下の初節句には、鯉のぼりを一流れだけとか、まだそろってない武者人形を贈るなどします。
 昔のしきたりとしては、父親の実家からは祝いの品を贈らないのですが、最近では、孫の初節句ということから、父親の実家からも贈りものをするというケースが多いようです。その場合、母親の実家が主体となるので、かさならないように気をつけなければなりません。
 いずれにせよ、贈り物をするときは、相手の希望を聞いたうえで、品物を選ぶようにした方が、飾る場所の問題やよそからの贈り物と重複することも避けられ、合理的な贈り方といえます。
 贈る品は、節句の一か月前から一週間前までには、先方に届くよう心がけることです。また、生け花(三月は桃、五月は菖蒲)、菱餅、お菓子などは前日に、とりわけ生菓子などいたみやすいものは当日持参します。
 女児の節句には、雛壇に菱餅や雛あられ、白酒などを供え、男児の節句には、鯉のぼりをあげ、武者人形を飾り、粽や柏餅を供えて祝います。とくに初節句の場合、女児なら菱餅や雛あられ、男児なら粽や柏餅を、親戚や親しい知友などに配って、子供のすこやかな成長を祈ります。
 初節句の当日は、お祝いを贈ってくれた親戚や知友などを招いて、小宴を開くこともあります。宴会の形式は、その家庭なりの自由なものでよいのですが、それの祝い膳としては、桃の節句なら春らしい彩りのちらし寿司に、はまぐりの吸い物、端午の節句なら柏餅と粽といったものや他に子どもたちの喜びそうな、食べものを作ってお祝いをしましょう。
 お祝いの席に招待しても、お返しの必要はありませんが、招待できなかった場合は、近所ならお赤飯などを配り、遠方の人へは紅白の角砂糖などを送りま付。この時、礼状とともに、飾ったものの前で子どもを写した写真をそえて送ると喜ばれるでしょう。
 これらの品は、お祝いの日から一週間以内に、内祝いとして、子供の名前でするのが礼儀です。

冠婚葬祭
帯祝いはどうするか/ 命名の仕方/ 出産祝いの仕方/ 初宮参りの仕方/ お食い初めの仕方と初節句/ 初誕生の祝い方/ 七五三のお祝いは/ 入園・入学の祝い方/ 高校・大学入学の祝い方/ 卒業・就職の祝い方/ 成人祝いの仕方/ 長寿祝いはどう祝うか/ パーティーの開き方/ 発表会の祝い方/ 栄転祝いの仕方/ 受賞祝いの仕方/ 地鎮祭の仕方/ 上棟式の仕方/ 厄祝いと快気祝いの仕方/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク