帯祝いはどうするか

 帯祝いとは、妊娠五か月日に、「岩田帯」という紅白の絹の帯を腹帯として締め、安産を願う昔からのしきたりをいいます。
 岩田帯は、一般には妊娠五か月日の戌の日に締めるのが、よいとされています。これは科学的な根拠はありませんが、特に戌の日がよいとされているのは、犬はお産が軽いので、それにあやかるようにということからきているわけです。妊娠前半期の危険なときが過ぎた妊娠五か月日頃に、着帯のお祝いをして、出産の無事を折るのは意義深いことといえます。
 岩田帯は、着帯のお祝いに用いる紅白の絹または木綿で作られています。別名「結肌帯」「斉肌帯」ともいわれ、絹のものは着帯の儀式のときだけ着用し、普段は白木綿の腹帯にかえ、絹地の岩田帯は赤ちゃんが生まれるまで大切にしまっておいて、生まれたら産着に仕立てるのもよいでしょう。
 岩田帯は、安産の神を祭っている神社や子宝に恵まれた懇意にしている夫婦などから贈られたりしますが、妊婦の実家や仲人から贈られるのが普通のようです。
 また、贈る場合には、紅白の絹地のものを二筋、普段用いる白木綿のものを一筋添えます。この三筋をひとつずつ折り畳んで、奉書または美濃紙で包み、三つ重ねて紅白の水引をかけます。表書きは、自分の娘には「祝の帯」、他人には「御帯」として贈ります。帯は、産み月近くになると長いのが必要となりますので、四メートルぐらいのものが実用的だといえます。

スポンサーリンク

 昔からのしきたりでは、妊婦に岩田帯を締める帯役(帯親)は、子宝に恵まれた懇意にしている夫婦にお願いしているようです。着帯の式は、妊婦が上座に、帯役の夫婦が、白木の台にのせた岩田帯を捧げて下座に入って、進められます。まず初めに、帯役の夫が「ご安産をお祈りします。」と口上をのべて、次の間にさがり、その後、帯役の妻が一人で妊婦に帯をつけますが、多くの場合、これは形式だけですませるようです。式が終わりますと、妊婦の夫や両親、実家の両親、場合によっては、仲人も加わって、安産を祈って、お祝いをします。
 しかし、最近では、妊娠から出産までの世話を助産婦や医者に依頼するために、岩田帯を締める帯役も助産婦や看護婦に頼むことが多くなってきました。そのため、腹帯を各病院で用意しているところもあるようです。
 腹帯は、着帯のお祝いが終わってから、必ずやらなければならないというものではありませんが、今日でも、これが妊婦に着用されているという理由は、妊婦の下腹部を保温し、さらに、胎児の位置を正常に保つという医学的な意味と出産を控えた妊婦の心の準備を整えさせるという精神的な意味があるからだと考えられます。
 腹帯は、白のさらし木綿一反を二本作ります。さらし一反は、およそ十メートルありますから一本の長さは五メートルぐらいです。妊婦は常に清潔を保たなければなりませんから、少なくとも二本以上は用意しておいて、毎日とりかえるようにすることが大切です。初めは、幅を二つ折りにして巻き、おなかが大きくなるにつれて幅を広げていき、下腹全体にゆったりと巻くようにします。あまり強く締めすぎますと、胎児の発育の妨げとなったり、胎児の位置に異常をきたしたり、さらには、母体の循環障害の原因にもなりかねませんから十分に注意する必要があります。また、寝る時に腹帯をはずすかはずさないかは本人の自由ですし、着帯の日に、医者に骨盤を測ってもらうことも大切なことです。
 最近では、胎児の成長によって伸び縮みのきく、便利なコルセット型のものや毛糸の腹巻式のものも売られているため、従来の「岩田帯」にかわって、これらを愛用する妊婦もふえているようです。
 とりわけ手作りで、しかも目的にかなったものとして、下図に示してあるようなものをおすすめします。材料は、さらしを用います。これを二組作り交互に洗濯して用いると清潔なうえに形も簡便で使いやすいと思います。
 最近は、ほとんどの人が病院で分娩するようになり、昔ながらの自宅てのお産はいちじるしく減っています。理由は、核家族のため介護する人がいない、家庭で独立した産室をつくれないなどの事情に加えて妊産婦の安全を考えることによります。入院分娩は確かに便利ですが、病院と個人産院のどちらがよいかはいちがいにはいえません。
 出産は定期検診を受けた処ですることが医学的にも望ましく、途中で転院することは避けたいものです。少なくども妊娠三十六週に入ってから受ける検診は、出産するこどを決めた処で受け、担当の医師とも顔なじみになっておくべきです。
 初診で妊娠かどうか確かめてから、お産する病院をさがすのでなく、初めから出産まで続けて通えるどころをさがすべきです。
 交通の便がよく、せいぜい一時間以内で行ける範囲で、評判のよい病院を選びます。できれば体験者の意見を間くなど積極的に情報を収集して決めましょう。
 通常は最終月経の第一日から数えて、二百八十日目が出産予定日と考えられていますが、予定日はあくまでも予定日であって、その前後二週間以内に出産するというめやすです。したがって、入院・出産の準備は予定日の二週間前までにすませておきます。
 予定日が近づくと、とくに初めてのお産のときは、いつ生まれるか気になるものですが、定期検診をつづけて受けていると、医師はだいたい何日ごろになるかわかるので、指示があるはずです。また、お産が近づくと、お産の徴候が現れますし、徴候があってもすぐ産まれるものてもありませんから心配することはありません。
 入院に必要な用品はだいたい次の表のようなもの一式をそろえ、スーツケースなどにつめて、すぐもって出られるようにしておきます。そのほか、入院のさいタクシーを利用する場合は、タクシー会社に夜中てもきてもらえるようあらかじめお願いしておきましょう。

冠婚葬祭
帯祝いはどうするか/ 命名の仕方/ 出産祝いの仕方/ 初宮参りの仕方/ お食い初めの仕方と初節句/ 初誕生の祝い方/ 七五三のお祝いは/ 入園・入学の祝い方/ 高校・大学入学の祝い方/ 卒業・就職の祝い方/ 成人祝いの仕方/ 長寿祝いはどう祝うか/ パーティーの開き方/ 発表会の祝い方/ 栄転祝いの仕方/ 受賞祝いの仕方/ 地鎮祭の仕方/ 上棟式の仕方/ 厄祝いと快気祝いの仕方/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク