出席できなくなったときと祝儀の贈り方

 結婚披露宴の出席の返事をしたあとで、急用や病気などでどうしても出席できなくなった場合はすぐに、先方にその旨を伝えなければなりません。
 連絡の方法は、電話、電報でその旨を伝え、その後に速達郵便で丁重にお詫び状を出します。欠席理由が不幸の場合であっても、めでたい時に死とかその他不幸に関する言葉はさしひかえて、突然の急用、とりこみのためというような言いまわしで断るとよいでしょう。
 また、披露宴が会費制の場合には欠席すると、その人の分だけ赤字になり、世話人や幹事役などにたいへん迷惑がかかります。そのときは、お詫びの手紙を添えて、会費を全額支払うのが礼儀です。
 披露宴へ招待を受けていた本人が突然の用事や事故で出席できなくなった場合には、黙って欠席するのはたいへん失礼になりますし、また、先方も困ってしまいますから必ず電話などでその旨を伝えて詫びます。
 先方と親しい仲である場合には、代理に妻や兄弟などを出席させてもかまいませんが、その場合は必ず、その間の事情を先方に説明しておくとよいでしょう。
 取引先や本人だけの関係で代理となる人が一面識もないような場合には、代理で出席するのはどうかと思われます。この場合、欠席はしても、招待を受けていたわけですから、お祝いの品は贈るのが礼儀です。
 代理で出席した場合は必ず受付でその旨をいい記帳簿にも招待を受けた人の名前を書いて左下に小さく「代」と加えておきます。

スポンサーリンク

 友人や知人からの招待状あるいは電話などで結婚することを知った場合は、なるべく早い時期に結婚のお祝いをしますが、おそくとも挙式の一週間前までには届けるのが礼儀です。
 昔は現金を贈りものにすることは失礼になると考えられておりました。したがってお祝いには、品物を贈るのが普通とされ、身につけるもの(反物、洋服、アクセサリーや新家庭に必要な調度品、什器などでした。現在は、親と別に家庭を持つ人が増えてきましたので、新居に用意する実用品などを選べばよいでしょう。また、両親と同居する人には、身につける記念になるものなど相手の状況を考えて決めます。しかし、実際に品物を選ぶことは中々大変なことですので、近頃では却って現金のほうが、贈る方も簡単ですし、また贈られた方も使い道が自由に利用できて喜ばれるようです。現金では失礼と考えたならば、商品券、ギフトカードなどにします。ただし、現金は、目上の方にはなるべく避けたほうがよく、金額の多少に関係なく心のこもった品物を丁重に贈ります。
 金額の程度は、定められてはおりません。相手との交際の親疎によってきめられますので、自分の立場を考えて決め、真心こめて贈ることが大切です。また場合によっては、二人以上何人かで出し合ってある程度の金額を贈るやり方や、またそのお金で、相手の希望する品物を贈る方法などがあります。
 披露宴に招待された時は、大体一人分の費用の額を基準にしてきめるのが現在の傾向です。
 結婚祝いに現金を包むときは、新札を使用するのがエチケットです。新札が手元にないときは、銀行などで替えてもらいましょう。
 金包みの包み方は、奉書紙で左前にならないように折り、水引は、赤白、金銀を用い、結び方は「結びきり」にし、右脇に「のし」をつけ「御祝」「寿」等とかき、水引の下に自分の姓名を書きます。多数の人でお祝いするときは、代表の人の姓名を書き、他の人は別の紙に連名で書いて目録として、金包みに添えます。人数が五人位までは、水引の下に右から順に連名で書きますので目録はいりません。
 差しあげ方は、自分でお宅へ伺ってお渡しするのがよく、丁寧にすれば白木台または盆にのせて持参し、お祝いの言葉をのべて差しだします。そこまでするのは無理としても、袱紗に包んで持参するぐらいはしたいものです。また、金包みや品物の上に袱紗をかけて出す人がいますが、袱紗は途中のちりよけとしてかけるものですから、差しあげるときはとって渡します。
 時間は、午前十時より午後三時ごろまでの間で夕方にならない時間内に伺い、夜は避けます。できれば先方の都合のよい時間を聞き、その時間内に自分の適した時間を打合せて伺うのがよいでしょう。
 相手が遠方の人で持参できない場合は、金包みとお祝いの手紙を同封して郵送します。
 品物を送る場合には、途中こわれるおそれのあるものは厳重に荷づくりすべきですが、なるべくそのような品は避けたほうがよいでしょう。郵送された金品に対じて、贈られた人は、必ず直ぐに丁重に礼状を出します。
 披露宴に招待されて、式当日までにどうしてもお宅へ伺えない時は、披露宴会場の受付の人にお祝いの言葉をのべてお渡しします。ただし、大きな重い品物などは当日差しあげることは避けるべきです。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク