教会結婚式の挙げ方

 キリスト教の教会結婚式には、主としてプロテスタント系とカトリック系のものがあり、宗派により結婚式に対する考え方今式の順序にもそれぞれの違いがあります。
 最近は、教会で挙式する人が多くなりましたが、キリスト教の場合は、どこでも、だれでも挙式できるとは限りません。原則としては新郎・新婦の両方、またはいずれか一方が信者でなければなりません。
 なお、新郎・新婦がふたりとも信者でない場合でも、その教会の信者の適当な紹介者があれば、教会の承諾を得て挙式できます。信者でもなく紹介者もない場合は各教派で定める規定に従うことを条件に受け付けてくれます。
 教会での挙式を単なるあこがれの気持だけで行うのは宗教に対して不謹慎になります。挙式を許された場合は、事前に牧師の方より色々お話を伺い、理解を深めて式にのぞむ心がけが必要です。

スポンサーリンク

 プロテスタントの結婚式の式次第は、同じ宗派でも教会によって多少異りますが、だいたい次のような順序で行われます。
 清楚な花で飾られた教会堂において厳粛に儀式が始められます。

 (1) 参列者入堂着席
 まず、両家の家族、親族、友人、信者などの参列者は、定刻前に会堂に入って式を待ちます。
 式場は、正面に向かって右が新郎側の席、左が新婦側の席です。父母が最前列で、そのうしろに兄弟姉妹、親族というように血縁の深い者から順に座ります。一般参列者は、近親者の席以外のどこに座ってもかまいません。
なお、式の始まる直前に、入口から正面までバージンロードと呼ばれる純白の布が敷かれますが、一般参列者はこの白い布を決して踏んではいけません。

 (2) 新郎・新婦入堂
 オルガンの奏するワーグナーのウェディングマーチにつれて、新郎はベストマン(新郎につく介添え役)または媒酌人とともに正面に向かって右手から入って新婦を待ちます。新婦はブライドメイド(新婦につく介添え役、二名が必要)を先導に父親と左腕を組むか、媒酌人夫人に付き添われて、バージンロードの上を聖壇の方へ進みます。バージンロードを歩くときは、ウェディングマーチに合わせながら、一歩一歩床をするように静かに歩きます。
 聖壇前の右側に新郎と付添人が並び、左側に新婦とその付添人が並びます。このとき、親族や一般参列者も起立します。

 (3) 司式者の式辞
 司式者である牧師は、結婚の神聖を説いたうえ、新郎・新婦と会衆に向かって「この婚姻が道にかなわないものか否か」の旨を問い異議のないことを確認して、結婚の儀式に移ります。

 (4) 讃美歌合唱・聖書の朗読
 儀式は、参列者一同起立して讃美歌の合唱で始められます。讃美歌集と聖書は、ふつう席に備えつけてありますので、讃美歌を知らない人でも讃美歌集のページを開き歌詞を黙読するとよいでしょう。
 讃美歌の合唱が終わると着席します。司式者は、聖書のなかの夫婦の務めに関する章を朗読しますので、その朗読にしたがって黙読します。

 (5) 祈祷、結婚の誓約
 つづいて司式者の祈祷がありますので、一同着席のまま、頭を下げて謹聴します。
 祈祷が終ると、結婚の誓約が行われますので、新郎・新婦は、証人となる付添人とともに司式者の前に立ちます。
 司式者は、新郎・新婦に向かって「(前略)神の定めに従って(中略)いのちの限り、かたく節操を守ることを誓いますか。」と問い、新郎・新婦は、それぞれ「はい、誓います。」と答えます。
 誓約をしますと、司式者は、新郎・新婦に握手をさせて、その上に牧師の右手を重ね「婚姻させる」旨を宣言します。

 (6) 結婚指輪の交換、司式者の宣言
 結婚指輪を交換する場合には、前もって司式者が預っておくか、指輪をもつブライドメイドのある時は、指輪を仲人の男子が受けとり新郎へ、新郎から牧師へと渡します。結婚指輪は、まず、司式者から新婦用のものを新郎に渡し、新郎はそれを新婦の左手薬指にはめます。ついで司式者から新郎用のものを新婦に渡し、新婦はそれを新郎の左手薬指にはめます。新婦が婚約指輪をもらっている場合には、結婚指輪は婚約指輪の上にはめないことになっていますから、新婦は結婚式当日には婚約指輪をはめないか、はめている場合は、介添え役の人に持たせることもあります。この時花嫁の持ってる花束はブライドメイドか仲人に預けます。

 (7) 祈祷・頌栄・祝祷
 指輪の交換が終わると司式参加、ふたりの手を組ませ自分の手を重ねて祈祷したあと、「(前略)神と会衆との前において夫婦たるの誓約をしました。(後略)」とふたりが夫婦であることを宣言します。全員が起立して、讃美歌と頌栄を合唱し、最後に、司式者が、祝祷をささげますと儀式が終ります。

 (8) 新郎・新婦退堂
 司式者の祝祷が終ると、メンデルスゾーンの結婚行進曲の奏楽とともに、参列者一同が起立し、その見送るなかを、新郎が左手で新婦の右腕をとって退出行進の先頭を進みます。
 この行進が終わると、新婦の父母、新郎の父母、そして両家の親族、一般参列者という順で退出します。なお、披露宴を行う場合はこのあとに催します。

 カトリックは、正統教義を奉ずるキリスト教で、結婚は男性と女性に課せられた義務とし、結婚式も神聖な儀式として進められます。
 結婚の儀式は、婚姻の祝別式と婚姻のミサ聖祭の二つの儀式から成っています。
 婚姻の祝別式とは、結婚式のことをいい、訓話、婚姻の誓約、結婚指輪の交換の順で進められ、そのあとにふたりともカトリック信者の場合ミサ聖祭が行われます。
 ミサ聖祭では、聖歌隊による聖歌の合唱、司祭の聖書の朗読、聖体拝領の順に行われ式を終ります。聖体拝領とは、主の御鉢と御血であるパンとぶどう酒を、聖体拝頬白の前にひざまづき、共に受け、新郎・新婦がかたく結ばれる儀式を云います。儀式に参列する人の中には信者でない人もおります。信者でない参列者は、お祈りの言葉も、その他の作法も分りませんので、椅子にかけたままで敬虔な心や態度で祝福いたします。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク