仏前結婚式の挙げ方

 熱心な仏教信者の家庭では、菩提寺や有縁の寺で仏前結婚式を行うことが多いようです。
 仏前結婚の意義は、ふたりの結婚は生まれる以前から因縁づけられていたという考えで行われ、仏前で夫婦の誓いをして祖先に報告し、その因縁を仏に感謝することにあります。
 仏前結婚式は、もともと寺院で行われるものですが、家庭の仏前、時にはまた披露宴会場の特設所などを式場とすることもあります。その場合は、司婚者として、僧侶をよんで行うのが建前です。

スポンサーリンク

 仏前結婚式の式次第は、宗派によって、形式にも多少の違いがありますが、その一例をあげてみますと、おおよそ次のようになります。
1. 参列者入場・着席
2. 新郎新婦入場
3. 司婚者入場
4. 司婚者、敬白文朗読
5. 新郎新婦に念珠授与
6. 司婚者、司婚の辞朗読
7. 誓詞朗読
8. 新郎新婦の焼香
9. 誓盃(神式の三三九度の盃にあたる)
10. 司婚者祝詞
11. 司婚者退出
12. 新郎新婦・参列者退場
 また、式場によっては、式の前後と中間に雅楽が演奏されたり、オルガンやエレクトーンで仏教音楽が奏されたりするところもあります。
 まず、本尊に向かって右側に、新郎側、左側に新縁側の両親・親族・来賓が入場して着席します。
 つづいて、新郎が媒酌人に付き添われて右側の扉から入場し、新婦は媒酌人夫人に付き添われて左側の扉から入場して、中央で両方が出会い正面の礼盤(本尊の前にある壇)の前に進みます。なお、参列者一同は、新郎新婦を起立して迎えます。
 新郎新婦が入場しますと、司婚僧が雅楽の演奏裡に入場して、礼盤に登ります。ここで、ご本尊に向って結婚式が行われる旨を報告する敬白文を読みあげます。この間、新郎新婦は、頭を垂れて聞き、参列者一同は起立して聞きます。
 敬白文の意味は、ご本尊の前で、敬って白しあげる文ということで「本日ここに、ふたりの男女がみ仏のお導きによって、夫婦の契りを結び、とこしなえに偕老の契りを誓う」ことになった旨を報告します。
 つづいて、新郎新婦は、媒酌人の案内で司婚僧の前に進み、向い合って着席します。
 司婚僧は、仏前に供えてある念珠(数珠)のうち、白いリボンのついた方を新郎に、赤いリボンのついた方を新婦に授けますので、新郎新婦はこれを両手で受けます。
 念珠の授与が終わると、司婚僧は、新郎新婦に誓いを求めます。この誓いにより司婚者は、参列者一同に婚儀の成立を認める旨のことばを朗読します。
 司婚の辞が終わったら、これをうけて、媒酌人が新郎新婦に代わって誓詞を朗読します。
 この誓詞は、宗派や寺院によって違いますが、それぞれの寺院に印刷されたものがありますので、名前を書きこんで朗読すればよいようになっています。
 誓詞の朗読が終ったら、新郎新婦は、ともに念珠を左手に下げて、右手で一回だけ焼香して合掌しますから参列者一同も同じように合掌します。
 つぎに新郎新婦は、誓盃を受けます。酌人の酌で、一の盃、二の盃、三の盃を受け、新郎の盃を新婦の両親、親族に順次受け、新郎のほうから運んだ盃は媒酌人へ、新婦のほうから運んだ盃は媒酌人夫人に、それぞれ盃をおさめて誓盃を終わります。
 ついで、司婚憎から祝辞がのべられると式が終わりますので、新郎新婦を先頭に参列者一同退場します。
 なお、仏前での式は、正式には、新郎新婦の焼香までですので、誓盃は、司婚憎が退席してから行ったり、また別室に移って行う場合もあります。
 最近の東京では、芝の増上寺、築地の本願寺などでも結婚式や披露宴もできるようになっています。できれば、家庭の宗教、本人の信仰する宗派の寺院などを選ぶことがよいでしょう。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク