婚約披露パーティーの仕方

 結納という古い形式にこだわらず、婚約の内祝としてふだん親交のある、ごく身近の方々を招き、披露するという意味のもとに一席をもうけ、簡単な馳走で行う婚約パーティーがあります。欧米の風習をとり入れたものですが、現代生活に合ったやり方の一つとして最近多く行われております。
 これから結婚しようとする当人どうしだけで指輪などの交換をするのもよいのですが、やはり親戚や先輩、友人などを招いて、婚約披露のパーティーを開くということは、現代生活にマッチしているばかりでなく、まわりの人の祝福の中に、はっきりと婚約のけじめをつけ、また集った人々の確認のもとに行えば、これからの結婚への進行も、自他ともに楽しいものとなることでしょう。

スポンサーリンク

 欧米では、女性の両親が双方の家族、親戚や知人を招いて、パーティーを開くしきたりがありますが、日本では、欧米のように女性の家にこだわることなく、男女どちらの家庭で行ってもよく、また、レストランやホテルの一室とか、喫茶店、公民館などと適当な場所を借りて行うのもよいでしょう。
パーティーの形式は、カクテル・パーティーや、ガーデン・パーティーとか、またはお茶とお菓子かサンドウィッチというティー・パーティーなどいろいろあります。
 また、家庭で行う場合は、パーティーという形にとらわれず、家庭の手料理を味わいながら、和やかに行うのもよろしいでしょう。費用はどの形式で行うにしても、折半とか人数割にとかは、双方話合の上できめます。
 婚約披露パーティーに招くのは、両家の家族、親戚と、心から祝福してくれるごく親しい友人で、人数は少人数にとどめた方が内輪の披露にふさわしく、双方だいたい同じくらいの人数にすればよいでしょう。しかし、双方のつきあいの程度や、親族の多少によって同数にならない場合もありますので、あまり差のないよう話し合って決めます。
 当日の服装は、カクテル・パーティーやダンス・パーティーなら、正式には、男性はタキシード、女性はカクテル・ドレス、また、ティー・パーティーなら、アフタヌーン・ドレスということになりますが、主催者側より平服で気軽にというロ添加あれば、外出着程度の装いで形式にこだわる必要もなく、気がねもいりません。その場合主催者側も平服にします。これは客に対しての当然のエチケットです。
 婚約披露パーティーは、結婚披露宴などと違い、特別に定まった型加ありませんから、和やかに気持よく進めることがよろしいでしょう。
 まず、見合結婚の場合、全員がそろったところで、仲人が当人たちを伴って、客に向い、婚約の発表、結婚の予定を報告し、今後のふたりへの指導、支援をお願いする挨拶を行い、この挨拶とともに、当人たちも「よろしくお願いいたします。」と一礼します。つづいて、当事者両人が婚約誓書の朗読、署名捺印を行い、そのあと、来賓の代表の乾杯の音頭で全員で乾杯をし、食事をともにしながら、楽しく過せばよいわけです。
 恋愛結婚などで、仲人がまだ決まっていないような場合は、本人の親から婚約発表の挨拶をするか、本人たち自身が発表してもかまいません。
 挨拶のあと婚約指輪などの交換を行うのもよいでしょう。
 古くから婚約のしるしとして結納という方法が行われてきましたが、最近では結納とは別に色々な形式がとられるようになりました。婚約は当事者だけの口約束でもかまわないわけですが、将来結婚する二人の関係を広く社会に知らせ、周囲にも認めてもらうことが大切です。
 婚約披露パーティー以外に、婚約を社会的に公表する方法としては、ふたりの婚約を文書にした婚約通知書を、当事者ふたりの連名で、双方の親戚や知人・友人に出して知らせるという方法が、もっとも簡単で合理的です。
 特に職場や仕事の関係で婚約から結婚までの婚約期間が長くなる場合は、周囲の人の誤解をまねいたり、当人どうしのつき合いの破綻をきたすようなことがあってはならないので、婚約通知状を出すのは必要なことでしょう。
 書面の形式は自由で、自筆でも印刷でもかまいませんが、お知らせですから、正式に婚約したことと、挙式の予定などを簡潔に記すことが大切です。また、婚約の簡単な経過、つまり紹介者の名、婚約相手の仕事など差し障りのない程度に書き添えてもよいでしょう。なお、目上の人には直接出向いてあいさつするようにします。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク