結納の品にはどのようなものがあるか

 結納の品は、地方によってかなり差がありますが、末永くという願いをこめて、よろこびにふさわしい物を贈ることにはかわりはありません。最近では、デパートなどでセットになって市販されている結納の品を用いることが多くなっています。結納品のセットは五品目、七品目、九品目とあります。九品目は次の品々です。

 目録 - 結納の品名・数量を箇条書きにしたもの。

 長熨斗 - あわびを薄く長くはぎ、ひきのばして乾かしたもので、物を贈る時に添えるものです。

 金包み - 結納金を入れた包みで、女性には「御帯料」、男性には「御袴料」と書いて贈ります。

 末広 - 白扇二本を一組みとしたもの。末が広がるという家の繁栄を象徴しています。

 友白髪 - 麻の繊維を包んだむので、夫婦共に健康で仲よく、白髪になるまで添いとげるようにとの願いが込められています。

 子生婦 - 昆布は、子宝に恵まれ、子孫繁栄を祈る品。また「こんぶ」は「よろこぶ」に通じるとして、祝い事によく用いられる縁起物の一つです。

 寿留女 - かつお節同様、長期保存できる酒肴の一つです。

 勝男節 - かつお節のことで、昔から酒肴によく用いられ、保存食として不時に備えたもの。

 家内喜多留 - 酒を入れる柳樽のこと。実際の樽に代えて「家内喜多留料」として、現金を包むことが多くなっています。

 以上の九品目から勝男節と家内喜多留を除いた七品目、さらに寿留女と子生婦を除いたものが五品目となります。どれを選ぶかは、双方の考え方によります。

スポンサーリンク

 なお、結納の品目の数は、仲人と打合せをして双方同じものをそろえるのが一般的な習慣です。
 これらの品を、奉書紙二枚で包み、目録をのぞいた品に紅白か金銀の水引をかけ、水引の結び方は結びきり、老の波にします。水引は向って右が紅・金、左が白・銀になるようにします。結納の際に、婚約指輪を贈る場合は、他の結納品と同様に奉書紙で包み、水引をかけ、指輪と書いて金包みの左側へ置きます。
 結納の品をのせる台には、お盆形式の簡 単なものから、脚のついた白木の台などあります。白木の台の脚は持ち運びに便利なように、組立て式になります。この白木の台に結納の品を、目録に書いてある順にのせ、目録と親族書は別の小さい白木の台にのせます。
 関西地方の結納は、目録、長熨斗、金包み、末広に、酒とさかなが「柳樽料」「松魚料」として金包みとなり、それぞれが別々の祝い台にのります。このように結納の品には地方差があり、関東と関西あるいは九州や中部などその土地の風習による違いがありますので両家の出身地によって慣習が違う場合は、事前によく双方で相談し、できれば男性側が歩み寄って、女性側の流儀で行う方が、トラブルを起こさずにすむと思います。
 結納の品は、飾りものではありませんので、床の間に置くのは適当ではありません。床の間の脇か、前に納めておくのがよいのです。
 挙式当目まで、床の間の脇に納めておき、挙式までの間に祝いとして贈られた品も一緒におきます。床の間のない室ならば、粗末にならない場所を選んで置きます。婚約期間があまり長い場合は、一週間位すぎたならば、一応しまっておき、挙式が近づく一、二週間前に出しておくのがよいでしょう。挙式後は、目録、親族書を保存しておきます。
 市販の結納目録をつかわないで自分で作る場合は、奉書二枚を重ね、表を内側にして縦に五折半、または七折半に折り、結納の品を書きます。
 最近では、ほとんどの人たちが市販の結納品にセットされている目録を使うようになりました。すでに印刷されてありますから、必要なところだけ書けばよいのです。ただし結納の品と、目録に書いてある品名が合わなければなりませんので、よく改めてください。書くところは、最初のコ一行の空欄に、男性側からは「御帯粉」、女性側からは「御袴料」と書き、さらに年月日と署名をし、宛名を記入します。この場合、日付は「吉日」とします。文字はできるだけ濃い色の墨で書きます。薄墨は不吉としてきらわれますから、この点特に注意してください。
 また、書体は楷書とします。行書、草書は略したものになりますから、儀礼には楷書で丁寧にかくことが大切です。草書の書体は目下の人に対する時に用いるものです。目録は品物と引き合せるものですので、上包みの上に水引はかけません。
 かつて家と家とが婚姻関係を結ぶ時代においては、結納は姻の父より嫁の父に、嫁の父から嫁にと渡すもので、姻から直接嫁に渡すものではなかったのです。現在は本人どうしが主体になりました。前にものべたように、どちらが主体になっても、目録には宛名、署名は書くものではないのですが、当今では本人の氏名をかき入れます。また、家財家という昔からの習慣で家宛にする地方もあります。
 結納品に対して、それを受け取ったしるしとして受書を書きます。これも目録と同じように結納品の一点としてデパートなどて市販されていますが、自書してもかまいません。
 市販の用紙の書き方は、空欄に目録の品名を書き入れるだけで内容は目録の項と同じです。自家で書くときは、奉書紙を用い横長二枚重ねで最初に「受書」と書くことのほか内容は目録と同じです。墨の濃い毛筆の楷書体でしたためるのが建前であること等も同様です。最後のところは「右の通り幾久敷芽出度く受納いたしました」と書きます。
 毛筆に不慣れなときは、結納品を調達するとき代筆を頼むこともできます。
 指輪などの婚約記念品を添える場合は、「御帯料 壱封」あるいは「御袴料 壱封」と書いた次の行に「指輪 壱個」と書きます。
 また、帯料・袴料はやめて、品物だけにするときは「指輪 壱個」とか「時計 壱個」と最初の行に書きます。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク