結納とは

 古く中国の社記の中にある婚姻についての六礼、納采、問名、納古、納微、請期、親迎が日本の似かよった風俗と結びつき、この言葉を移入し、日本語化しているのがうかがえます。つまり結婚に至るまでの順序で、現今行われている結納には、その中の納采、納微、請期の意味が含まれています。
 これから両家が新しく姻戚関係を結ぶため男性側から酒肴を持参して飲食を共にして結び申し入れて祝い合うその時の酒肴を「ゆいのもの」といったことから、一般に結納といわれるようになったといわれます。婿方から約束のしるしとして酒さかなや品物を嫁方へ贈り、嫁方では、輿入れの日に婿とその家の人めいめいにみやげものを持って行くというしきたりが一般に行われていたのが、明治時代になり結納は、酒さかなに衣装、身の回りの品などを加えるようになりました。さらに品物のかわりに結納金などの料(現金)に変化し、今日に至っております。
 要するに結納は、結婚の正式の申し入れであり、結納をとりかわし両家の間に正式に婚約が成立するということです。

スポンサーリンク

 恋愛の場合でも、見合いの場合でも、交際の結果、双方がともに結婚したいという意思表示があれば、双方の間で結納を取り交わして、正式に婚約が成立することになります。この場合、両家の間に仲人をたてます。両家もしくは、どちらか一方をよく知っていて、見合いから交際へとふたりを結びつけた人が仲人になって、婚約から結婚式まで一連して進めていくのが多い現今です。仲人を両家それぞれにたてることもあります。
 恋愛の場合には、会社の上司または恩師、知人などに仲人をお願いするのもよいでしょう。仲人は婚約の場合と結婚式の場合と別の人にすることもあります。日頃尊敬している人、将来お世話になり相談相手となっていただける方にお願いしたらよいでしょう。
 仲人は必ずなくてはならないというものではないので、適当な人がいない場合には、両家の両親か、親戚の人に立合人となっていただく方法もあります。
 結納の際、とり交わす結納品は、一般にデパートや結納品店などで、九品目、七品目、五品目などのセットになったものが売られています。九品目の内容は、目録、長熨斗、金包み(手結料、御帯料、御袴料)、末広(扇子)、友白髪(麻)、子生婦(昆布)、寿留女(鮪)、勝男節(鰹節) 家内喜多留(酒樽)となります。縁起をかついで子生節、寿留女と書いてありますが括弧の中の書き方が正しいかき方です。目録には水引はかけません。
 最近は七品セット程度がよく利用されているようですが、両家で相談のうえ、同じ品数にするのがよいでしょう。
 わが国では、古くから婚約の固めを結納という形式で行ってきましたが、最近では、そのほか、さまざまな方法で婚約が取り交わされるようになりました。たとえば、結納のとき婚約記念品を交換する方法、婚約指輪だけを交換する方法、婚約披露パーティを開く方法、婚約発表の通知状を出す方法、ふたりで記念樹を植えて約束のしるしとする方法など、さまざまです。特に若い人の間では、結納などの古いしきたりはやめて、ふたりだけで誓えばよいとする風潮もありますが、婚約の発表や、結納の取り交わしは婚姻上のトラブルが万一起ったりしたときには法的に婚約の証拠となりますから、どのような方法でするにしても人生の重要な節目としての婚約はしておいたほうがよいでしょう。
 婚約が定まってからのちは、結婚に向っての準備期間となります。
 結納の日取りは、仲人と双方の両親、当事者のふたりでよく相談しあって、お互いに都合のよい日を選びます。縁談が整い結納まで進んだならばなるべく早いうちに行うのが通例ですが、一、二ヵ月以内に挙式する場合は、縁談がまとまってから一、二週間以内に結納を交わすというのが適当です。半年以上あとの挙式ならば、二ヵ月ぐらいの間にして、あまり長い期間をおかないほうがよいでしょう。
 結納の日取りも結婚式と同様、大安、友引などの暦のうえの吉日を選ぶのが一般の風習ですが、暦のうえの吉凶など単なる迷信にすぎず何の根拠もありませんから、現在ではあまり問題としない向きが増えているようです。
 普通は、両家の仕事の都合や事情を考えて日曜日や祝日に行う例が多いようです。また、最近は双方のどちらか一方の人の誕生日を記念して行うということもあります。
 ただ、家族の中に日取りの吉凶を非常に気にする人や老人がいる場合には、その意向を汲み一応暦の吉凶を考慮に入れて決めるようにした方が、将来幸せにと願う家族全員の祝福が受けられて、めでたい日にふさわしいものといえるのではないでしょうか。
 結納をとり交わす時間については、従来は「めでたいことは午前中に」といわれ、午前中にするものとされていましたが、現在ではあまりそれにこだわることなく、夜にかからないように、午前十時頃から午後三時頃までの間にすませるようにすればよいと考えておけばよいでしょう。

 大安 - 結婚、開店、旅行など行事すべて吉。最も吉日。

 友引 - 友を呼ぶ日。開業、会合は吉。葬式など弔事は避ける。

 先勝 - 午前は吉、午後は凶。急ぐことは吉で、朝から昼までにすれば万事吉。

 先負 - 先勝の反対に午前凶、午後吉。平静吉。

 赤ロ - 正午前後のみ吉。新規、積極的なことには不向き、厄日。

 仏滅 - 何をしてもよくないが、葬儀の日としては使われる。最も凶日。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク