仲人の役割

 一般に仲人という場合、実質仲人と頼まれ仲人とがあります。
 実質仲人というのは、お互い未知であったふたりを紹介し交際のチャンスを与え、婚約、結納、挙式と、順調に運びいわゆる出雲の神の役割を果たし、式の終わった後も、ときには親代わり的な存在として、何かと力になり、相談にものる、文字どおりの仲人です。これは、単に世話好きというだけでは片づけられない、骨の析れる責任の重い役割です。
 これに対して頼まれ仲人というのは、恋愛から結婚に発展して、いよいよ挙式という時にお願いする場合、また見合い、結納と骨を折ってくださった方は別にあるけれど、ふたりの将来や両家の格式などから、社会的に地位のある方などに結婚式の媒酌をお願いするといった場合の仲人で、前者を仲人、後者を媒酌人と区別していう向きもあります。

スポンサーリンク

 この場合の仲人は、証人として結婚式の立会人となること、披露宴の際の参会者へのあいさつなどが、その主な役割です。
 つまり、仲人は、縁談から頼まれる場合、婚約時に頼まれる場合、挙式当日だけ頼まれる場合があり、それぞれの段階から役割を果たすことになります。
 仲人を依頼されたとき、すすんで世話をしようと思っても、第一に問題になるのは、果して自分にその資格があるかどうか戸惑うものです。
 資格というのは、社会的な信用はもちろんのこと、自分が若者について理解しているかどうか、特に世話をしようとする本人の結婚観や価値観を理解できているかどうか、一応考えてみることがたいせつです。また、自分の利害得失や興味本位でなくほんとうに相手の幸福を思い、一肌ぬごうという気持を持っているかどうかという点も、問われなければなりません。そうでないと、第三者の立場に立って、理性的に事を運ぶことは困難ですし、軽々しくしては本人たちを傷つけることにもなりかねません。つまり、まったくの好意で、それもかなりの労を惜しまずに世話をする気がないと、いい世話はできないでしょう。
 このような好意と熱意があれば、独身者が仲人をしてはいけない、ということもありません。また、夫婦でない一組の男女が仲人になってもかまいません。しかし、しあわせな夫婦の門出に立ち会う仲人は、やはり若いふたりがあやかりたいと思えるような尊敬できる仲のよい夫婦であることが望まれるのではないでしょうか。
 縁談の仲人役を引き受ける場合、なによりも必要なのは、その縁談に関して、双方に対して責任をもつという心構えです。というのは、仲人がすすめた縁談の場合、すすめられた当事者は、仲人の人柄などを盾じて、相手方の人柄などをも判断する傾向があります。
 したがって、人から縁談の世話を頼まれた場合には、本人の人柄などをよく知っているのでなければ、軽々しく引き受けるわけにはいかないということになります。
 世間には、本人には一度も会ったことはないが、本人の父親などをよく知っており、その父親などから縁談の世話を頼まれて、断わるわけにもいかずにあれの息子なら、娘なら大丈夫だろうと引き受ける場合がよくありますが、話をすすめる前に、少なくとも一度は本人を見て、人品、人柄などをよく確かめ、自信をもってから、話をすすめるようにすべきです。父親の話などを鵜呑みにして、縁談をすすめ、見合いから婚前交際にまで事がはこんだあとで、本人の好ましくない人柄などがわかった場合には、仲人口として信用を失い、陰ロのたねにもなり、相手方の心を傷つけ、お互いに気まずい思いをすることにもなります。
 しかし最近では、仲人は、縁談に対する全責任を負うというよりも、恋愛のきっかけを作るいわばチャンスメーカーという意識が強くなっていることも事実ですから、仲人を依頼される方の年代により、考え方が変るのも当然といえます。
 この頃の若い人は、非常にはっきりしていて、自分に合わないと、おつき合いをしてから決めるというゆとりもなく直感的に断る方もあります。コンピューターで相性を占う時代であることも考えておく必要があります。
 仲人としては、見合いの席で、両方が好感を持ってくれればよいのですが、そうでない場合はたいへん困ります。お互いに顔を見てから縁談を断るときには、女性側の方が傷つきやすいものですから何かと気をつかわなければなりません。
 昔から仲人の知恵として、正式の見合いをする前に、下見合いをさせることがあります。演出法は色々ありましょうが、勤めの帰りやお稽古ごとの発表会、新婚旅行に出発する友人の見送りのおりなど、偶然を装って相手方の本人と親にあらかじめ下見をしてもらって相手方の様子をうかがうのです。そうしておけば、正式の見合いの場でまったく結果が悪く、交際もせずに断られるというような心配はなくなります。このような下見合いの方策は一方的で男性社会の名残りのようにも思えますが、見合いそ成功させるためにはよいアイデアといえましょう。
 結婚式までの仲人の心得としては、仲人がたとえ女性側の伯父であっても、男性側の上司であっても、仲人となったときから、二人に対して平等の立場に立つことが大切です。常に二人のしあわせという観点から考え、お互いの愛を育てるような愛情深いアドバイスが必要です。
 もちろん、両家に対しても平等に心を用いなければなりません。
 結婚を前にした男女は、式のこと、その後の住いのことなどなにかと忙しく不安も多いものです。とくに仲人は、そうした心をくんで、自分の経験を生かしよい相談相手になってほしいものです。挙式に際しては、本人ばかりでなく、その両親や宴会場の係、当日の司会者などとも会って、よく打ち合わせをしておきます。
 結婚式では、仲人は、当日のすべてを宰領しなければなりません。証人として二人の式に立ち会い、めでたく結ばれたことを確認し、披露宴の挨拶のはじめに報告します。
 特に夫人は花嫁に気をくばり、常に新婦に寄り添い、とかく緊張しがちな心をほぐし、いたわることが必要です。
 慣れない衣装の裾を引き、胸を締め付け、重いかつらをのせているだけでも新婦はたいへんです。車の乗降、歩行、階段の昇降など、そっと手をとり、介添えの役を果たします。
 自身は、服装も化粧も控えめに、花嫁を引き立てる心遣いをすると同時に、常に花嫁のお化粧が崩れていないか、衿元や裾が乱れていないかなどに心を配ります。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク