縁談を依頼された時は

 私達が縁談を頼まれて引き受ける場合になによりも重要なのは、その縁談に関しては、双方に対して責任をもつという心構えが必要です。
 縁談を頼まれるということは、社会的地位なり人柄なりを認められたということですから、すすめられた相手は、仲人の人物や人柄などを通して、相手方の人柄などを判断することにもなり、また、すすめられた相手がそのすすめに応じるときには、仲人である人の人柄や人を見る目などを信用する気持が多分に働いているものだからです。決して安易な気持ちで引き受けたりしないことです。

スポンサーリンク

 写真や履歴書を見ただけで、すぐに候補者どうしを引き合わせるというやり方は、少々無責任といわざるを得ません。積極的に骨折るためには、引き受けた縁談について、自分自身が十分納得したうえで話をすすめることが大切です。やはり本人に会って直接希望条件を聞いたり、両親や家庭のことなどをよく知ることです。また預かった資料ではっきりしない点も、充分確認しておきます。
 本人の母親などをよく知っており、その母親などから縁談の世話を頼まれて、断るわけにもいかずに引き受けてしまう場合がよくありますが、こういう場合でも、常に第三者として公正な立場で本人を知っておくように心がけることが肝心です。
 縁談を引き受けた人は、適当と思われる相手を捜し、相手が見つかったら、本人なり、本人の親なりに結婚の意志はあるかどうかをたずねます。そして、あるという答えを得たら、「じつは、知りあいにこういう人がいるのだが、よろしかったら、一度会ってみませんか」というように話しかけ、写真や覚え書などを渡して、できるだけくわしくその人の家庭の事情や人柄などについて説明します。そして「よくお考えになった上で、ご返事をください」というふうにいって、辞去します。
 後日、本人なりから連絡があったときは相手方の印象などをたすね、交際してみるかどうかを聞きます。このとき、結論を急いだり、強制的にすすめたりすることは禁物です。あくまで本人の意思を尊重することが大切です。
 本人に交際の意思があるときには、仲介者は相手方と連絡をとり、交際の機会をつくることになります。
 縁談のお世話を頼まれた場合に、積極的に力を貸してあげたいと思いながらすぐに適当な候補者がみつからないというようなことがありますが、こういうときは「いますぐにというわけにはいきませんが、半年くらいのお時間をいただければお世話させていただきます」というように、これからさがすための時間がほしいということを率直に伝えるようにします。それがまた、こちらの熱意とも受け取られます。いつまでもほうっておくのは失礼です。
 縁談を依頼すると、半年くらいは全面的にまかせるのがふつうですから、頼む側でもそれ相応の時間が必要なことは認識しておくべきでしょう。
 縁談の依頼は、こちらの意思に関係なく持ち込まれるものです。縁談の世話などしたくないというとき、あるいは、依頼人によっては断りたいという場合もあります。そういうときには正面きって断ると角が立ちますので、適当な口実をつくって断るようにしたいものです。
 たとえば、自分の健康状態とか、力不足などを理由にするとよいでしょう。
 お見合い以外で、もっと幅広い枠の中から将来の配偶者を探すなら、結婚相談所を利用するのも一つの方法です。
 紹介者との義理などにしばられることがないうえに、幅広い枠の中から理想の人をさがすことができるという長所があります。
 ここで知り合って良縁にめぐり会えた人もたくさんいます。できるだけ自分の住んでいる近くの相談所のほうが、連絡や紹介の際に便利です。手続きは各相談所によって多少違いがありますので、直接たずねてくわしく聞きましょう。
 公立の結婚相談所は全国の各都道府県に必ずあります。市役所や町村役場に聞くと教えてくれます。手続きがすこしやっかいですが、費用が安くすみ、信用がおけますので安全確実です。
 申し込みが受理されると、それまでに登録されている人の条件や希望を書いたカードを閲覧することができます。その中から自分の条件や好みに合った人を選びます。
 私立の結婚相談所は、地域に密着した小規模の相談所からコンピュータを導入した全国的な組織まで、さまざまです。概して手続き関係は簡単ですが、まじめに相談にのってくれるところばかりとはかぎりませんので、すぐに申込み手続きをとるのではなく、何回か通って会の内容や相談所の特徴をつかむようにしたほうが、まちがいがありません。周囲にその相談所を利用したことがある人がいたらその人に様子をきいてみるのもいいでしょう。
 私立でも安心して利用できる相談所としては、学校とか大企業関連グループなどが、福利厚生の一環として運営しているものが挙げられます。
 最近では、登録する際に書き込んだ書類により、希望に合う相手がコンピューターで選び出されるのが特徴で、人生経験豊かな女性カウンセラーと相談しながら、お見合い、交際へと進んでいきます。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク