結婚は見合いか恋愛か

 人間社会における結婚の歴史については、今日では原始時代や未開社会で行われていた生活様式や、親族の類別的な呼びかたから推論されているわけですが、雑婚、集団婚、一夫一婦の対偶婚が、その発展段階としてあげられています。一般には原始や未開時代の結婚はいかにも動物的で自由気ままな雑婚であったように考えられていますが、別の説では自分や一族、種族を守るために一個の集団の代表者によって他の集団に属する者との結婚を余儀なくされる強制結婚とでもいったほうが適当な集団婚がありました。
 このような古代の集団、すなわち民族組織が時代の推移とともに分裂したのちでも個人の結婚については家族の長が自分の家族や一族のために配偶者を選択するという形で現在まで、続いてきました。

スポンサーリンク

 ちなみに、日本の近世における結婚の歴史についてみますと、王朝時代といわれた奈良時代から平安時代にかけての結婚はいわゆる、婿入り婚という形で行われていたことがわかります。
 この婿入り婚というのは、いわゆる現代風の婿養子となって嫁の家にはいりこむのではなく、結婚してからも、しばらくは男性の方から女性家へ通いつづけ、実際に女性が引き移るのは相当の期間がたってからで、女性に子供が生まれるとか、家屋が出来て男性が一家の中心となり、一家の主婦として女性が必要となった時期に婿方に移るといった形式の結婚です。万葉に見られる、妻問いの風習からはじまるもので、明らかに恋愛結婚の形態をとったものといえます。
 室町時代に入り婿入婚と反対の嫁入婚へと変ってきましたが、これは武家社会から始まったと推測されています。鎌倉時代には、まず時代の中心勢力である諸国の武家のあいだに政略的な意味を加えた、嫁入り婚がおこってきます。室町時代から、安土桃山時代、江戸時代へと時代がくだるにつれてこの傾向は武家のみでなく、しだいに広く一般庶民の間にも見られるようになりました。
 このように女性が男性の家に嫁入る形式が一般化したのは、なぜかといえば、まず、第一は王朝時代の結婚はそのほとんどが同じ地域に住む者同士の域内結婚であったため、男性が女性のもとへ通う婿入り婚も可能でしたが、武家政治の発達とともに、広い範囲にわたる武士の間の政略的な目的で姻戚関係を求めることなどから、遠隔地に住む男女の域外結婚が多くなってきたためです。
 第二に、武家政治の時代には男性中心で、しかも家あるいは一族中心の社会構造が要求されるとともに、当時の学問の中心をなしていた儒学などの影響もあって、次第に女性は男性に従属するという考えが強まってきたためだとみられています。
 当人の意思よりも家どうしが主体となって結びつけられていたのが特徴です。
 このように、結婚に対して本人の意思とは別な要因によって、顔も知らない相手と添わせられる制度のなかに、見合いという方法が取りいれられたのは江戸時代で、時代の移り変りとともに、一つの進歩でありましたが、それでも最初の頃には親たちの間でだいたいの話をまとめたうえで、男性が女性の家へ招かれ、はじめて女性と顔を合わせて挨拶をする程度で、後日、本人が相手に対して気に入らないからといって断わるということはほとんどできないのが実状でした。
 それが明治の頃になってから次第に改善されて、同じ見合をするにしても、劇場とか音楽会、レストランといった場所で落ちあい行楽や食事などをともにしながら話しあって、当人どうしもよく知り合うことを目的としたものに変ってきました。
 それでも、戦前までは結婚はまだ家を中心に行うものだとする考えが多く、見合いの結果、本人がその結婚を断わりたいと思っても許されない場合が少なくありませんでしたが、戦後になって民主化が進むにつれて親たちの考えも変り本人の意思で決められるようになってきました。
 そればかりか、最近では見合いのあとしばらく交際を続けて双方が愛し合うようになったら結婚し、そうでなかったら交際も結婚もやめるというようになり、見合も単なるチャンスとみる考え方となり、結果的には恋愛結婚に近い方向へと変ってきております。
 このように結婚の移り変りを見てくると、今日多くの場合に行われている、見合結婚と恋愛結婚のあいだには、たいした差はなく優劣はつけにくく、しかもどちらが新しくどちらが古いともいえません。
 むしろ、古代からの歴史を通じてみると、見合結婚よりも、恋愛結婚のほうがはるかに古くから日本にもあったことがわかります。
 現在では、憲法にも、婚姻は両性の合意のみによって成立するとうたわれているように、当人どうしの愛と理解をもとに成立する恋愛結婚が理想的だといえます。しかし、戦前に比べ若い男女の知り合う機会は増えていますが、お互いに好ましい結婚相手を見つけるのはむずかしいようにも思えます。信頼出来る方に依頼して見合いの制度を活用するのも良い方法ではないでしょうか。

冠婚葬祭
結婚と法律の関係/ 結婚するには制約が必要か/ 再婚するには一定の期間が必要/ 結婚は見合いか恋愛か/ 国際結婚をするには/ 夫婦でも財産を別々に分けられるか/ 縁談は誰にどのようにして頼むか/ 縁談を依頼された時は/ 見合い写真で注意することは/ 仲人の役割/ 見合いの日時、場所の決め方/ 見合い費用の負担/ 見合いの進め方/ 交際の求め方と断り方/ 交際後に求婚するときと結婚を断るとき/ 結納とは/ 結納の品にはどのようなものがあるか/ 結納金はどの程度か/ 使者を出す場合の結納品の納め方/ 仲人宅の場合の結納品の納め方/ 結納の日の服装と結納後の供応/ 婚約披露パーティーの仕方/ 婚約期間中のマナー/ 結婚式の経費のたて方と式場の選び方/ 披露宴の招待客の範囲と世話役の依頼/ 結婚祝いの選び方/ 嫁入り道具の選び方/ 挙式前の心得/ 結婚式での装いは/ 神前結婚式の挙げ方/ 仏前結婚式の挙げ方/ 教会結婚式の挙げ方/ 自宅結婚式の挙げ方/ 人前結婚式の挙げ方/ 結婚式後と披露宴/ 披露宴の受付でのマナー/ 結婚披露宴の招待客の装い/ 出席できなくなったときと祝儀の贈り方/ 結婚披露宴の演出と司会者の心得/ 結婚の法律上の手続きは/ 結婚後の挨拶回り/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク